11月17日 学習発表会 舞台発表の部

 

 立冬を過ぎ、初冬の寒さを感じるこの頃です。

 今日、11月17日 学習発表会 舞台発表の部を開催しました。

 本校では、2年生4年生6年生が舞台発表、1年生3年生5年生が作品発表のスタイルで日頃の学びを表現します。

 体育館に、ご来賓、保護者のみなさま、全校児童があつまり9時40分にスタート。

 児童会代表の『初めのことば』を皮切りに、2年生の『うらしまたろう』が始まりました。

 体育館に、会場の観客を交えての『幕を開けよう』の歌声が響きました。元気いっぱいの2年生、全員の命がキラキラ輝いていました。会場いっぱいに響く声で堂々とセリフを言い、みんなで劇中歌を歌いました。

  

次の発表は4年生。『0がわらってる』 初めてのお話に観客のみんなは引き込まれていきます。たくさんの数字の中の『0』。

こどもたちは『0』が嫌い。『0』なんてなくなればいいのに・・・でも『0』がないと困ることがたくさん。

4年生は2回目の劇発表です。さすが、表現力も豊かでした。クラス一つになって成し遂げる気持ちよさを再確認したことでしょう。

  

最後は6年生。『絆 ~6年間の宝物~』

運動会が終わるや否や、学習発表会の練習に切り替え、練習を積んできた6年生です。

笑って、泣かせて、心揺さぶるすてきな舞台でした。

北丘小学校のリーダーとして、後輩たちに「互いをわかりあおうとすること」「互いを認め合うこと」「誰かの苦手をさりげなくカバーしあうこと」が自分自身の豊かさにつながることを身をもって教えてくれたように思います。

  

一生懸命に自分事としてかかわった記憶は決して忘れることはないと思います。他人事にしていたら、その場にいたとしても記憶に残らない。

3学年とも今日の舞台を迎えるまでに仲間と共に過ごした記憶は永遠の宝物になるでしょう。

また、舞台は観客とともに創るもの。練習の時には得ることのなかった感動を演じ手も味わうことができたのではと思います。

もちろん観客のみなさんは「感動をありがとう」の気持ちでいっぱいですよね。

私自身、北丘小学校の一員でよかったと改めて感じた時間でした。

さぁ、次は作品発表の部、個人懇談期間に多目的教室で開催します。

1・3・5年生の個性あふれる作品たち、ぜひご鑑賞ください。