6月21日 尊いいのちをみんなで守ろう

 オープンスクールの後、15時30分から、多目的室で心肺蘇生法講習会を開催しました。

豊中市消防局から2名の消防隊員の方に来ていただき、保護者の方々と教職員が参加しました。

助けることのできる命は助ける。

その前に、ひとり一人が自分の命を大事にする。こどもたちなら、危ないことは何かを考え、行動する。大人なら、自分の健康管理を。

そこが大事だとおっしゃっていました。

また、熱中症についても同様です。予防できることはきちんとやりましょう。平成28年度5月から9月では、住宅内の熱中症が一番多かったそうです。

15分の講義のあと、救命処置の手順通りに練習しました。AEDについても教わりました。

いざというときに対処できるよう、練習を積むことや、経験しておくことが大事ですね。