1月19日 「北町に込められた願い』

豊中市には、豊中市人権教育推進委員協議会があり、1970年に結成され現在に至っています。

「人権文化のまちづくりをすすめよう」「人権意識をより高めよう」「人権文化の輪をひろげよう」の3つのスローガンを掲げ、差別のない明るく住みよい町の実現を目指して取り組んでこられています。

その一環として、各地区でみんなで人権について考える機会をもっています。

北丘小学校区では、1月19日に「北町に込められた願い」ー車止めから北町の50念を振り返るーと題して講演会を開催しました。

これは、北町の車止めについて、昨年10月に4年生が学んだことをきっかけに、地域の大人の方々にも伝えたいとの思いから企画しました。

たくさんの方々が参加くださいました。ありがとうございました。

ディスカバー千里の代表 太田 博一さん 近畿大学大学院生の 武部 俊寛さんのおふたりに様々な視点からお話をうかがいました。

報道関係の方々の取材もあり、北町の車止めがMBSの番組で取り上げられました。