10月7日 4年生の町探検

北町には動物の形や幾何学的な形をした車止めがたくさんあります。

近畿大学の建築計画研究室の鈴木先生、院生の武部さん、ディスカバー千里の太田さんをはじめ、近畿大学のみなさんに来ていただいて、北町の車止めの成り立ちについて、4年生が教えていただきました。

千里ニュータウンを開発するにあたり、北町をつくるところから取り入れられたループ道路。まちがって車が人の道に入らないように車止めが置かれたそうです。その車止めがとても貴重だそうです。

自分たちが当たり前と思って接していた動物型・幾何学型車止めを見方がかわりました。