10月16日 いじめる力を自分の夢へ

3.4時間目 「いじめについて地域ぐるみで考えよう ー北町から加害者も被害者も生み出さないー」として

地域の方々、保護者のみなさんと一緒にこどもたちが体育館に集まりました。

数日前から、給食時間に流していた「いつも心にマウンティン」が流れ、映像を見ていたら、

後ろから、なんと登天ポールさんが登場されました。

元気が出る歌とともに、いじめ撲滅に向け全国行脚され、その地での出会いの話をお聴きしました。

楽しい雰囲気のお話のなかに、しっとりとした慈愛の響きを感じます。

いじめを苦に、自ら命を絶つ学生の事件が連続して起こった時期に、「いじめがなくなるかわからないけど、せめてエールはおくれる」の思いを起点に、いじめ撲滅のパーフォーマンス全国行脚がスタートしたとのことです。

今日のお話は、小学生の子どもたち、保護者のみなさん、地域のベテランのみなさんの心にしみいりました。

登天ポールさん、ありがとうございました。