今日2月3日は節分です。

 明日は「立春」。明日から春が始まります。

 というのは名のみでまだまだ寒い日が続いていますが、今日で「冬」は終わります。

 冬が終わり春を迎える季節の変わり目に、邪気を払って、気持ちよく春を迎えるために、「鬼払い」などの儀式が行われるようになりました。

 「鬼払いの儀式」として江戸時代から行われるようになったのが豆まき。

 まく豆は、五穀の中でも穀物の魂(穀霊)が宿るといわれる大豆を使います。なぜ豆をまくのかについては、「豆」という言葉が「魔滅」や、豆を煎ることで「魔の目を射る」ことに通じるため、煎った大豆を使うことになったそうです

 また、節分には恵方巻というのもあります。その年の縁起の良い方角を「恵方」というそうですが、巻きずしである「恵方巻」を、その年の恵方を向いて丸かじりすると願い事が叶い、無病息災や商売繁盛をもたらすとされる縁起が良いとされています。ここ大阪発祥の風習ですが、関西地方で親しまれ、現在は全国的な広がりをみせているそうです。

 今年の恵方は「北北西」とのこと。 さて、どちらの方向でしょう。

  

 このように鬼を払う昔ながらの方法もいろいろありますが、要するに気持ちを切り替え、今日の節分で邪気を払って、明日からの春をすがすがしく迎え、とくに3年生のみなさんは来週に迫った私立高校入試をしっかり乗り越えていきましょう。