今日12月22日は、一年の中で「最も昼の時間が短くなる日」、「冬至」です。

 「冬至」の別名は「一陽来復(いちようらいふく)の日」というそうで、太陽の力が一番弱まった日(一番昼の時間が短い日)であり、この日を境に再び太陽の力が復活(昼の時間が長くなってくる)してくるという意味を含んだ言葉だそうです。そして転じて「悪いことが続いたあとに幸運がやってくる」という意味でも使われるようになりました。

 これからどんどん昼の時間が長くなるように、みんなにどんどん幸運がやってきてくれますように。