毎年十二中夏休み恒例の取り組みとして、校区3小学校にお伺いして図書委員や有志による紙芝居ボランティアを行っています。

 残念ながら昨年度と今年度は新型コロナによって、対面ではなく録画でのボランティアとなっています。

 先日講師の方をお招きして紙芝居の練習を行ったその成果を発揮すべく、紙芝居の録画撮りが行われました。

 講師の方のアドバイス通り「演じること」、「言葉をしっかり伝えること」を意識して、感情を声の強弱であらわしたり、時には声をそろえてリズミカルに話したりとと一生懸命工夫して取り組んでいました。校区の小学校の皆さん、楽しみにしてください。