ぺんきぬり1  ぺんきぬり3 ぺんきぬり2 

ろうかの壁塗りつくす(写真1)

ローラーで塗りつくす(写真2)

完璧です。塗り立て注意(写真3)

  ~ 年度末とペンキ塗り ~ 

 教室廊下の主がいなくなった学校は、4月まで(雌伏・私服・私腹)の時を迎えます。1年間生活した場所は壁や柱のペンキがはげ、所々黒ずんでいます。人が活動すれば汚れますがこの汚れは九中生が生き生き活動した(明石・証・灯)です。

 そこで、学年の先生達は毎年新しい主を迎えるために、ペンキ塗りをおこないます。ぺんきぬりの日に

 27日 3年生のフロアー  

白ペンキ 足跡消して えがおかな

28日 1年生のフロアー

白ペンキ 服についても えがおかな

29日 2年生のフロアー

白ペンキ 頭についたら 部分染め

 今年度もペンキを塗る時期がやってきた。各学年の先生が手分けして教室内、廊下を塗る。ペンキをただ塗っては廊下が白い点だらけになる。そこでペンキ塗りは養生テープに始まり、養生テープに終わるのが基本だ。電源、ガス栓、スイッチの基板などはマスキングしておく。準備が整ったところで 先生方は基本に忠実、腰を低くして廊下教室一面に貼っていく。準備は出来た。それぞれ汚れてもよい服装で塗って塗って塗りまくる(写真1,2)。壁は大胆に塗っていくが”黒板受け”の下は(新調・身長・慎重)にきれいに塗る。チョークが残っているとまずい。食べたことはないがここはきれいに拭き取っておかないと上手く仕上がらない。塗りおえると印象ががらりと変わった。これでいつでも気持ちよく授業が出来るはず。

 ペンキ塗りをしていない廊下では吹奏楽部が個別練習していた。ぱらりら♪ぱらりら♪音楽に合わせ、刷毛踊る。ペンキ塗りを応援しているようだ(右上写真)。机の修繕、教室整備・・・。一日かけてたんたんと作業をし日が暮れるころ完了した。塗り終えたところは、”ペンキ塗り立て注意”と定番の張り紙をする。「ペ」が「べ」と濁音になっていないのを確認し、これで次の学年に引き渡せる。窓ガラスの向こうでは桜のつぼみがほころび始め、春の足音が確実に近づいていた(写真3)。

 29日 第九中学校

 平成28年度のホームページは、本日を以て終了いたします。次回、4月に平成29年度ホームページは桜満開と共に開幕する予定です。皆様が訪れてくれてこその九中ホームページです。来年度もよろしくお願いします。

 3月30日~4月5日までは休載いたします。

 準備で全てが決まる