円陣  逃げて  当たって

球技大会 円陣(写真1)

球技大会 逃げて(写真2)

球技大会 当たって(写真3)

 3月17日3,4限目1年生が運動場に集合。球技大会(ドッジボール)を実施しました。快晴無風時々花粉・・・の中でのドッジボールでした。はーくしょん。くしゅん。だが1年生は花粉ぐらいでへこたれません(写真下)。各クラス体育委員も負けていません。球技大会成功の為、当日の動きから開会式・閉会式までしっかりとサポートしてくれました。体育委員の挨拶のち競技開始!競技中はみんな活き活き、みんなコートを走って逃げて!活気ある大会となりました。ここのコメントは2年と同じです。デジャブ?1年生球技大会

 花粉が舞った。 球技大会でおこなうドッジとは?基本を知る必要があるが、2年生で知ったので、ここはドッジでもよいか。Dodgeとは素早く身をかわすという英語からきている。敵にボールをぶつけ、当たらないように素早く身をかわす。日本ドッジボール協会公認のルールも存在するが、独自のルールをつくっても”ドッジでもよい。手抜きか?デジャブか?デジャブである。

 某担任は感無量でグランドをながめていた。「中学校に入学してまもなく1年が経つ。はやいものだなぁ。心身共に大きく成長したなぁ。その成果を試して欲しい。」はーくしょん。むずむず。風はないが花粉の季節まっただ中を感じる。先日国語の授業中、天声人語(朝日新聞)で”花粉症”の記事を扱った。花粉症である人を聞くとクラスで3~4割もいたのだ。今日からこの3連休にかけての花粉飛散量は”悲惨”であると天気、いや花粉予報はいう。

 きつい。そんな状況でも生徒達は全力を尽くす。試合が始まる前にはあちこちで円陣が組まれた(写真1)。1年でつながってきた仲間である。男子の試合のときには女子が、女子の試合のときには男子が声を枯らせて応援に力を注ぐ。その声がボールの勢いを後押しする。どのクラスも強い団結力を発揮した。白熱。あまりの熱さに花粉の勢いも増していくばかり。はーくしょん。

 ドッジボールである。 球技大会のドッジは九中ローカルルールで、男女別にひとクラス2試合の予選リーグをおこない1位が優勝決定戦に進み2位が3位決定戦にすすめるという、変則リーグ戦のちトーナメントである。運動場にコートが4つ。男子が2面、女子が2面を使って試合をおこなう。勝敗は、1試合10分の時間制にして外野に残った人数で勝敗を決めた。

 試合が始まった。投げたのち逃げる・受ける!ドッチに逃げる、こっちだ。”たま”に当たる!熱戦のち応援も白熱していく(写真3)。時折花粉に悩まされる。花粉は流れて東へ西へ。男子は1組と4組が決勝まで勝ち、女子は2組と6組が勝ち上がる。女子の3位決定戦がすごかった。10分では勝敗がつかず延長戦に突入する。延長戦でも勝敗がつかない。ついたのは花粉だけか!再挑戦の末7組が1組を倒した。優勝は男子が1組、女子が2組だった。どのクラスも楽しそうに逃げ盛り上がった。上位3クラスには体育委員の手から賞状が手渡された。

結果発表

   〈男子〉 1位1組 2位4組 3位7組 〈女子〉 1位2組 2位6組 3位7組

花粉舞い 絆の花咲く あと4日