ピアノ  

 合唱

クラス発表 

 クラス発表

 審査員席

指揮 

 大地讃頌  3年生の合唱は(格別・普通・別腹)でした。問:以下の本文を読んで一番適切な漢字を選びましょう? 全体合唱

 本番!! 最初は全員による声出し「大地讃頌」。予想を裏切る声量に、先のことはわからんが、これはいい合唱コンになるだろうな、ということだけは予感できた。

 以下 学年だより講評参考 ①5組 友 ~ 旅立ちの時 ~ 自由曲の「友」は、“友”という言葉を大切にしよう。5組が工夫して歌っていることがよく伝わってくる演奏でした。②3組 手紙 いつでも元気いっぱいで、クラスが好きで自由曲が大好きな3組。しっとりと盛り上がるところでは本当に活き活きと歌いあげました。③2組 旅立ちの時 ~ Asian Dream Song ~ 本当に魅力的な歌声を持っているクラスです。春に初めて歌声を聴いた時からこのクラスの合唱がとても楽しみで、厚みのある豊かなハーモニーを聴かせてくれました。④4組 COSMOS サビでは、みんなの一生懸命さに吸い込まれそうな、まさに、「コスモス=宇宙」を感じさせるような、壮大な演奏でした。⑤7組 道 大地讃頌の「人の子ら 人の子ら 人の子 その立つ土に感謝せよ」のところは、声が積み上がっていく様子が目に見えるようでした。⑥6組 YELL 6組は、非常にパワーのあるクラスです。ピントの合った歌声を目指そうという課題を乗り越え1つ1つの言葉がはっきりと伝わってきました。⑦1組 プレゼント 最も印象的だったのは、曲の終盤、ようやく全員が合流し一斉に歌うところ。「ひとりぼっちにさせない」、1組が一丸となって歌いあげました。

 春近し ~感無量 全体合唱~ リハの時に先生方から、“心に響くように歌うように”と理屈抜きで歌って欲しいという指導があった。リハはそれなりに歌っていた。本番、母なる・・・♪最初の音を発した瞬間、違う。オープニングの声出しともまったく違う。360度変わった。360度なら一緒だ。ここは180度だ。おお、大きなうねりが来た。鳥肌が立つ。時に体育館を包む柔らかい合唱、圧倒する声量。理屈抜きに素晴らしい。合唱後は万雷の拍手が待っていた(写真左上)。

 この曲は、卒業式でも歌う。3年間の成長、仲間と過ごした時間、お世話になった方々への感謝の気持ちをのせてさらに熱い合唱を期待する。合唱後は審査発表。どのクラスも甲乙つけがたい。金賞は、いつも笑い声が絶えない3組が入り、銀賞にはいつも明るく友を語る5組が、銅賞にはいつもパワー溢れる6組が入った。  

 みんなの心をひとつに。