校長先生のお話

 表彰

 3年生から

学校長 講話(写真1)

表彰(写真2)

1、2年生の君へ(写真3)

1月全校朝礼

 1月18日(水)の1限目は全校朝礼でした。体育館は最強寒波も去りほどよい緊張感の中で、生徒会長「1年生は立ってください。前にならえ!なおれ!静かに座ってください」と静かに座って全校朝礼開始です(左写真)。今回はマイクトラブルで地声での”勝負”となりましたが、前に立つ人の声は遠く対面の壁まで届きました(聴く人がいいんです)。

 ①校長先生のお話(写真1) おはようございます。ある夜のこと。私は風邪をひいていました。子どもに風邪をうつしていはいけないと思い、その夜は別の部屋で本棚に囲まれ一人で寝ました。ぐっすりと眠っていました。深い眠りのなか身体に震え目が覚め少し目をあけると・・・「悪寒か?蛍光灯が揺れている。俺もひどい風邪を引いたな。体力がおちたもんだ」。すると頭に固いものが当たり「これは夢だろうな・・」と思ったとき、部屋にうずたかく積んであった多数の本と本棚が一挙に倒れてきました。・・・リビングには、お茶わんや皿など、いろんなのがもおちて、そして割れていたのです。何が起きたかわからない。外へ出てみました。冬の早朝6時前でしたのであたりは真暗です。停電の影響か電気もついていません。

 やがて、阪神高速がひっくり返っている、神戸三宮、西宮、淡路島、数多くの地域の建物が崩壊し多数の方が家や建物の下敷きになっている「阪神淡路大震災」だとわかりました。平成23年には、東日本大震災、昨年は熊本地震がおきました。この三つの震災では、全国や世界から支援の手が差し伸べられましたし現在その支援を継続しているところもあります。九中でも、熊本地震では「募金」という形で、生徒会中心に支援しましたね。困っているときは、お互いに助けたり、助けられたりする関係が、この人間社会の根底にあります。ありがたいことです。(中略)「生きている今に感謝」です。「命が最も大事」です。阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本地震でお亡くなりになった方々を心より追悼します。そして、君たちの幸せを願って本日のお話とします。

 ②表彰(写真2)男子ハンド部:豊中市種目別大会 3位 ・キャラクターネーミング展:優秀賞(3年女子)

 ③生徒会からの報告 会計委員会:ダルニー奨学金での「書き損じハガキ」回収の連絡です。東南アジアの国々で年賀ハガキや官製ハガキや切手の未使用分を現金にかえて、学校にいけるための支援をしていこうという取り組みです。ご協力お願いします。 整備委員会:校舎内の電気の付けっぱなし、水道の水漏れ等をチェックしようと思います。ご協力お願いします。

1月のアルミ缶・エコキャップ回収:19日(木)、20日(金)です。

 ④生徒指導担当の先生のお話(写真3) 1,2年生の君へ。今回は3年生から頑張れたことや反省したことを伝えてもらいます。お話を聴いて何かを感じ行動に移してくれたらと思います。

 (要約)中学校生活の反省点は”あまり勉強に力を入れなかった”、1,2年の時は3年での受験の厳しさを深く考えず、部活や遊びを優先していました。3年生で1年からやっておけば良かったと後悔している人は少なくありません。・・・3年間という月日は必ず人を成長させてくれます。中学生という立場で自分を試す、新しい才能を見つけるのは何度でも挑戦できます。私が中学校で学んだことは「挑戦」です。生徒会活動や委員会活動は自分を磨くチャンスです。クラスの行事でクラスのメンバーと一致団結してください。つらいこともあるかも知れませんが、1人で悩まず誰かに相談するのも大切です。

学んだことは「挑戦」です。 前期生徒会