球技大会 サッカー 男子PK  

サッカー ドリブル活躍!(写真1)

サッカー 守護神が活躍!(写真2)

バレー サーブが活躍! (写真3)

女子バレー ~ 3年球技大会 ~    

  今日12月20日の3,4限目は3年生が運動場と体育館で球技大会を実施しました。種目は体育委員会で決定し”皆が楽しめ!本気に!元気にがんばろう”ということで、男子はキャプテン九中が運動場を駆け巡るサッカーに、女子はコートで弾むよアタックNO1バレーとなりました。サッカーはゴールを揺らしましょう。バレーはネットを揺らすとネットタッチ、注意しましょう。 

 男子サッカー 鹿島無念レアル世界1”サッカークラブワールドカップに世界が注目した。サッカークラブワールドカップの余韻がさめやらぬ中、もっと注目していい大会がここにあった。47期生球技大会男子サッカーである。今日は昨日の暖かさが”うそ”のように寒い。誰もうそをついていないが、その上ぽつりぽつりと雨粒まで降り出した。そんな中でも熱い試合がピッー!始まった。キャプテン九中が飛び出す。ドリブルで抜く(写真1)。ぶつかる。奪う!シュートまでは行かない。放ってもシュートを守護神が止める(写真2)・・・。いつのまにか雨も止まった。

 各クラスともこの試合に備え作戦を考えていた。だが得点は難しい。なにせフィールドは公式戦の1/2の大きさでゴールはハンドゴール、得点を与えないことが勝利に結びつく。

 女子バレーボール 雨が”ぽつりぽつり”は関係ない。体育館だからいつでもできる。各クラスとも 作戦を検討し健闘をちかう。ピッー!試合開始だ。おー!ナイスサーブ!ボールが弾む輪が出来る(写真3)。レシーブ・・・トス、スパイクまであんまり行かない。球技大会だもの。サーブの巧劣とレシーブの後列がいかに相手コートに返球出来るかが勝敗を分けた。バレー部員がいるサーブ力あるチームが活躍するのだが、いつのまにかバレー部以外も活躍していた。

 あらっバレー部以外でテニス部やハンド部等がナイスサーブを決めていく。そうか、日ごろから肩を回転させているからか。サーブを入れることが勝利に結びつく。 

 結果・・・男子の決勝は5組VS7組となった。バックスがボールをブロック、シュートを放つもキーパーが好セーブを連発。おたがいゴールをこじ開けられず0-0でホイッスルが鳴った。優勝は?ここは九中体育委員会特別ルールにのっとり”ジャンケン”だ。結果7組が優勝をのっとた。担任「バックスが鉄壁の守備をし、しっかり考えたチームワークの勝利です。」2位5組、3位決定戦は2組が制した

 女子のトーナメントを抜け出したのは1組と4組だった。1組は苦戦もなく4組は接戦を制し勢いにのり決勝にすすんだ。決勝はラリーもありーの、切れのあるサーブをみせーのと白熱した結果、24-18で1組が栄冠をつかんだ。担任「ワンでも返せ、ツーでも返せ、その一方でサーブで手の振りのコツをお互いに教え合いみんなでつかんだ優勝です」人の振り見て我が振り伸ばせ。 2位に4組、3位決定戦は7組が制した

男子:優勝7組 準優勝5組 3位2組   女子:優勝1組 準優勝4組 3位7組 

 人の振り見て我が振り伸ばせ。 松岡修造