たこ焼き  ビンゴゲーム  ビンゴゲーム&たこ焼き

たこ焼きでマニュファクチュア(写真1)

ビンゴでウルトラマン(写真2)

たこ&ビンゴでTAKOBIN (写真3)

  ~ たこパ ~ 

 毎年年の瀬に卒業生を中心にした「たこやきパーティー」をサークルひこうきぐもが主催しています。今年は、一昨日12月17日(土)に行いました。「いつまでもつながり続けたい」という思いから、老いも若きも卒業生も、いま九中の先生・もと九中の先生、また卒業生の保護者の方々なども来てくださり、たこやきを作りつつ、ふーふー言いつつ、じゃんけん&ビンゴ大会もしつつ交流を深めました。たこ焼き&じゃんけん大会

 マニュファクチュアたこ焼き・・・もう何回目かな?「たこやきパーティー」は、たぶん第24回目ぐらいでしょ!という息のながーーーーーい活動なのである。同窓会に寄贈していただいたたこ焼き器2台が、今回も活躍する。プレートが4面、1面に28個焼けるので・・・同時に224個が焼ける(写真1)。ありがとうございます、同窓会。で、たこやきの材料も各種ご用意。たこのみならず、チーズ、ソーセージ、ねぎ、天かす、紅しょうがを使ったたこ焼きが、分業(マニュファクチュア)で作られていく(写真1)。もう伝統の技、熟練の技がたこ焼き器を囲む。

 たこ焼き&イベント 同窓会寄贈たこ焼き器だけじゃなく各テーブルには、たこ焼き器が1台置いてある。好みのたこ焼きを考えデザインするのだ。ねぎなし紅ショウガ多め。ねぎあり天かすたっぷり。ネギ抜きのしょうがなしの天かす、たこダブルでもOKだ。探求する。タコが一段落するとチーズやウインナーが投入された。チーズたっぷり香ばしいにおいがたまらん。食欲をそそる。ウインナーもうんいいなぁー。おなかが幸せいっぱいになったところで、イベントタイムが待つ。恒例じゃんけん大会である。前にでた代表の人との真剣勝負。じゃーーーん・けん・ほい。ため息と歓声の中、勝ち残った人が賞品をゲットしていった(右上写真)。ゲット出来なかった人、まだまだあきらめるのははやい。

 続いてビンゴ大会でウルトラマンがシュワッチ、60番!(写真2)ビンゴ!あっちでビンゴ!こっちもビンゴ!豪華賞品が次々幸運な人々の手に渡った。片手にタコ焼き、I have a TAKOYAKI♪ もう片方の手に、I have a BINGO♪ ウゥ I have a TAKOBIN♪ (参考:ピコ太郎さん) 次こそ、ビンゴを願う。

 いっぱいあった賞品は後3つとなった。会場に余裕と緊張が走る。・・・終わった。何も当たらんかった。「まだ望みはある。”望みを捨てなかった者にだけ道は開ける”」家康のライバル、真田信繁の言葉だ。支援の先生「当たらなかった人にはお菓子がありまーす」「欲しい人にはエビせんがありまーす」たこのライバル”えびせん(大判焼き)”がプレゼントされた。タコ焼きとエビせんが和睦を結んだ。エビせんを2つに割ってタコを挟む。I have a TAKOYAKI♪ I have a EBISEN♪ ウゥ I have a TAKOSEN♪ 美味しい。2時間ほど作っては食べ、食べては作りつつ、胃袋の「ひろがり」とともに「つながり」がひろがっていく。ひこうきぐも 副会長最後は、ひこうきぐも副会長 若林さんのお話。(右写真 )で締めくくった。

 副会長「ひこうきぐもは結成25年を迎えました。今、卒業してもつながろうという目的で卒業生がイベントを企画しています。新田南や南丘のお祭りでは唐揚げを出店し、夏にはキャンプ、秋には遠足を実施しています。ぜひ遊びに来てください。」

卒業してもつながろう