ボクシング

ボクシング入門(写真1) 

ロケット発射

ロケット発射(写真3)

アニメアート

缶バッジ製作(写真5) 

ダンス

ダンス入門(写真2)

信長の野望

信長の野望(写真4)

高校体験授業 英語

音楽を聴いて英語を(写真6)  

高校体験授業

 昨日の5.6限は、”ちょっとちょっと高校の先生が来てくれはったで”です。今年は、昨年に続き、〈宣真、大阪学院、吹田東、茨木工科、千里青雲〉の5校と新たに〈興国、梅花、早稲田摂陵の3校が来てくださいました。まず最初に、「うちの高校はこんなところだぜ」とPR(左写真)、そこから14講座にわかれての授業でした。どの授業も高校の先生はさすが専門家!70分にわたって、九中津々浦々、多くの九中生をぐいぐいと授業に引き込んでいきます。

 70分授業! 70分だなんて!と思いきや、この日のために用意してくれた講座は、スーパーマンよりも遅いが、時間の経つのは速かった。世界チャンピオンを3人輩出した興国高校「ボクシング入門」は、時間の経過を忘れさせた。ダイハードな展開が待っていた。2分間隔で縄跳び、フットワーク、ジャブ、ストレート、ワンツーまでA西教室は汗がとびちり”はじめの一歩”の世界がひろがった(写真1)。梅花高校「ダンス入門」は、宝塚への登竜門ともなる舞台芸術コースの先生が来てくださった。バレエ、ヒップホップ、ジャズを取り入れた振り付けに、生徒はノリノリ♪である(写真2)。「ロケット発射(写真3)」、「歴史クイズ 信長の野望(写真4)」、「アニメ・アート講座(写真5) 」、その他の講座も春夏冬、"秋ない"授業の連続だった。参考こちらをクリック→ 2015高校体験授業

 興味関心を! 高校の授業とは?先生方は、専門的な知識を生徒の興味関心をひきつつ伝授してくれた。とは言ってもいきなり初対面の生徒とおもしろおかしく授業はできない。

 音楽を聴いて英語を(写真6)では、アクティビティいっぱい。英語を体感する。学ぶ曲はRose (by Bette Mildler)だ。ああこの歌か。聴けばわかる名曲だ。Some say love, it is a (    )that leaves your soul to bleed♪愛は心を血みどろにする(   )のようなものだ・・・「(   )に入る単語はなんだ?」ドスの効いた迫力ある先生の表情や声と曲のギャップが大きすぎる。だがこの不釣り合いに興味関心がわく。こわいけどこわくない。「さあ、考えよう。隣と相談して考える時間だ」。心を血みどろにする・・・ドスではなくrazor(かみそり)だった。「・・・razorを形容するthat 以下が関係代名詞、これがわかれば英語はこわくない。」愛はこわい。が、先生はこわくなくなっていく。「思考」の後は「話す」音読の時間だ。全員起立。「Rose」の曲20行を6つに分け、誰かを捕まえ「じゃんけん」だ。勝った人は1つ読みきかせる。Some say love~ 負けた人は黙って聞いて次の相手を見つける。6回勝てば席に戻れる。音読に勝る英語上達なし。自分の進路を考えるヒントになっただろうか。

 高校とはこんなところだぜ。 高等学校