生徒会退任挨拶

 学校長講話

表彰される人 

生徒会 認証式(写真1)

学校長 講話(写真2)

表彰される者 19名(写真3)

10月全校朝礼 10月全校朝礼  

 10月の全校朝礼です(左写真)。昨日は暖かったせいか、白シャツの生徒に混じり紺(茶)色カーディガン姿がはちらほら・・。体育館は紺葉しつつ、”今はもう秋♪”の気配を感じ認証式をおこないました(写真1)。その後、校長先生のお話(写真2)に続き、行列の出来る表彰式にうつりました(写真3)。

 ①認証式 前期生徒会あいさつ・・・色々なことに挑戦してきました。アルミ缶、エコキャップ回収箱や、もうすぐ置く予定の各学年についての意見箱など・・・、その中でも一番印象に残っているのは熊本への募金活動です。千里中央の2カ所でおこない2日間でたくさんのお金を集めることができました。今までありがとうございました。

 ②校長先生のお話 おはようございます。今、皆さんは人生で一番感動できる年代です。けんかもするでしょう。いさかいも起きるでしょう。友達や親とももめるかもしれません。そこで2つお話をします。(以下要約)

 行動パターンを知ろう 時間の速さは全員違います。1分を非常に長く感じる人、1分があっという間に過ぎると感じる人、1分はほとほどの時間だなと感じる人など850人それぞれ、時間のスピード感は違います。集団になると、「せっかちで時間のスピードが速い人」は遅い人を見て「イライラします」。「早く行動しろ」と言いたくなります。また、時間がゆっくり過ぎる人は、せっかちな人に対して、「何急いでいるんだ、間に合えばいいじゃないか」とこれまた「イライラ」します。トラブルが生じるのはこんな時です。自分が感じる時間を人に押し付けるからです。時間の過ぎる感覚に違いがあることをわかれば、自分の言葉や行動パターンがわかります。イライラやストレスもへるでしょう。
 適度な緊張感は大事である 一日、一回以上は緊張しましょう。人間は、「緊張した」時間があることが大事です。といっていつも緊張している必要はありません。一日、緊張もしないでただ過ぎ去っていく日々が続くと、スカスカの時間となり、「今日もいい一日だった」とはなりません。緊張した時間を持つと、身体と心が疲れますので夜はぐっすり眠れます。今、朝礼で緊張していますよね。私は皆さんが輝いて見える。英語のスピーチで、テストを返してもらう瞬間、職業体験で電話するとき、好きな人の前でドキドキ・・・心臓バクバクでいいんです。・・・いろんなことに挑戦し、いっぱい感動しましょう。「緊張してドキドキ」は避けては通れません。今しかできない充実した毎日を送ってくれることを期待します。

 クラブ表彰 陸上部 豊中市市民陸上大会 個人800m、3000m優勝、その他個人表彰多数 ・吹奏楽部 大阪府マーチングコンテスト 金賞 ・豊中市明るい選挙啓発ポスターコンクール 最優秀賞1年1名 入選3年1名 ・豊中市理科展 表彰多数 ・大阪府学生科学賞 最優秀賞 おじぎ草の研究~動物のような植物~ 2年1名

 図書委員会・生徒会執行部から 図書館でイタズラがありました。図書館はマナーを守って使用してください。 10月のアルミ缶・エコキャップ回収:今日26日(木)、明日27日(金)です。

 ⑤生徒指導担当の先生のお話 地域に見守られて・・・今あいさつ運動をおこなっている。元気なあいさつは気持ちがいい。一歩学校を出たら皆さんは地域の方に見守られているのを忘れないで欲しい。道路を遊び場と勘違いしている人がいると報告があった。ボール遊び、壁あて・・・誰かの迷惑になるだけでなく、事故にもつながりかねない。 

心臓バクバクでいいんです。 学校長