表彰

 表彰状   表彰

選挙管理委員会 御来校(写真1)

 表彰状写真2)

 校長室にて(写真3)

最優秀賞 ポスター選挙啓発ポスター入選&最優秀賞   

 公職選挙法の改正により、平成28年(2016年)6月19日以降に行われる国政選挙から、選挙権年齢が「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げられました。これは、昭和20年(1945年)に完全普通選挙となってから、70年ぶりの大きな改正です。豊中市においても若者の投票率向上に向けて取り組みをおこなっています。奇しくも今日は、後期生徒会役員選挙でした(投票率は限りなく100%)。

 豊中市選挙管理委員会の課題・・・日本は少子高齢化、人口減少社会を迎えていると3年の社会「公民」で習う。千里を見渡してもそれは実感するところだ。そんな中、国は、日本の未来を作り担う存在である10代にもより政治に参画してもらいたいと考えた。そこで18歳以上選挙権である。

 君らも社会の担い手なんやで。主体的に政治に関わらんと若者に向けた政策が実現しにくくなるぞ!だから若者の投票率をあげて、若者の声を政治に反映させようぜ!豊中市選挙管理委員会においても、若者の投票率アップは大きな課題だ。そこで明るい選挙をすすめる啓発広報誌「白ばら」を発行し、「明るい選挙啓発ポスターコンクール」を実施されておられる。

 18歳からの責任 選挙管理委員会の啓発広報誌「白ばら」によると、若い世代の投票率は、いずれの選挙においても他の世代に比べて低く、しかもその差が拡大している。 豊中市においても例外ではない。昨年11月に行われた大阪府知事選挙の投票率は、全体が43・19%だった。で、20歳代はその約半分!20ポイント下回った。”棄権”は民主主義の”危険”である。一番高かった70歳代はなんと20代の3倍以上あった。(参考 広報誌:白ばら)

 これでいいのか。20代!日本の未来に危機感を募らせたかどうかわからないが、九中美術部が動く。若者の投票率アップに貢献するため、選管が主催する「明るい選挙啓発ポスターコンクール」に応募したのだった。

 某日、いつものように教頭先生前の電話が鳴った。選挙管理委員会からだった。「・・・応募者多数のなか選挙啓発ポスターコンクールに九中生2名が入選(菊下さん入選、谷さん最優秀賞)したので、九中のほうへ表彰に伺いたいのですが・・・」で、早速昨日テスト終了後のお昼、選挙管理委員会の方が校長室に来てくださった(写真1,2,3)。最優秀賞に選ばれた作品(左上写真)は、選挙啓発用のティッシュに入れられて、市内の街頭等で市民に「18歳からの責任」を訴える。

 谷さん選挙では、18歳以上の新たな有権者も含め、あらゆる世代の有権者一人ひとりが、その責任を果たさなければなりません。そのために、学生や様々な職業の有権者が、自分自身の考えを持ち、投票する姿を描こうと思いました。5年後には私も18歳になります。日頃から政治について関心を持って生活したいと思います。」

貴重な一票を棄権しない。社会科教諭一同