ひこうきぐも

 スターと前   クラブ対抗リレー 優勝野球部!

フライング(写真1)

スタート前コーチング(写真2)

 ゴールスライディング(写真3)

職員第47回体育大会

 第47回体育大会は「誰かの仕事でできている」・・・。PTAの方々が始まりから終わりまで受付を交代で担当してくださり、駐輪場では用務員さんと生徒指導担当者です。来校された推定200台の自転車・バイクをてきぱき誘導しラインBOXにおさめました。また、プロの写真屋さんは卒業アルバムに掲載するためあっちでカシャ、こっちでパシャと推定1000枚以上をカメラにおさめました。

 九中職員(左写真)もこの日ばかりは体育大会の黒子です。サポートに徹し、九中生は誰かの仕事に支えられ燃え上がることができました。

 空を駆ける!サークルひこうきぐも ー「クラブ対抗リレー パフォーマンス部門に出場」ー クラブ対抗リレー。それはまさに「サークルひこうきぐも」を世間にPRする絶好の場であった。そのためには目立つ必要がある。どうやって目立つのか?クラブ対抗リレーのバトンで目立つのだ。「サークルひこうきぐも」はバトンとは思えないひこうきバトンを2週間かけて完成させた。青森は「ねぶた」を彷彿させるぐらいの・・・・。

 さて飛行機のデザインはサークルのメンバーが描いた。骨格を角材で作る。2cm幅に切った細いベニヤ板で枠組みを作っていく。枠が完成すれば新聞紙を張りその上に半紙を張って乾かす。乾けば色を塗り、更にまたニスを塗って光沢をだし、ひこうきの窓にはメンバーが自分の好きな絵をおもいおもいに描いた。

 本番:よーいどん。ルールを守るひこうきぐもはフライングなんてしない。するのはメンバー全員で飛行機を持ち上げてのフライングだ(写真1)!だがこれがバトンでいいのか?こんな大きいバトンで剣道部に勝てるのか。おい!レースだぞ。いいのか。いいんです順位はまったく気にしない。「サークルひこうきぐも」はトラックをゆっくり1周する。※何もおそれない そして舞い上がる空に憧れて 空をかけてゆく♪ひこうきぐもは、カッコよく1周した。※ひこうきぐも 荒井由実の歌詞より

 陸を駆ける!教職員リレーチーム 増田ジャパン ー「クラブ対抗リレー 男子・女子本気部門に出場」ー いつまでも生徒達に負けていられない。ここ10年以上、生徒の後塵(こうじん)を拝してきた。昨年の「クラブ対抗リレー」でも後ろから1位に沈んだ。教職員リレーチームは今年こそ本気で走ろう!めざせ優勝を合い言葉に「クラブ対抗リレー」に参戦した。選手の補強もした。栄光のいただきはそこだ。優勝いただきますをもくろんだのだった。

 今年は増田ジャパンが編成された。レース直前までハリルホジッチ、いや増田監督が選手にコーチングし気合いを入れる(写真2)。男子本気部門1走は濵元選手が好ダッシュ!ちょっと抜かれて6位と好位置につける。2走は今年度期待の星!甲子園まであと一歩にせまった快足ランナー高倉Tだ。10数メートルあった差を電光石火で一気につめ団子状態でバトンをつなぐ。(中略)中学陸上部のアンカー高木Tが、予想どおり速い。

 優勝は野球部か!陸部か?男バスか?増田ジャパンか!ゴール手前野球部が抜けた。1位でスライディングゴール(写真3)!増田ジャパンは運動部を一人置き去りにし後ろから2位でゴールした。女子本気部門も大健闘したが、今年も最下位に"再会"した教員チーム、後ろから1位という結果に終わった。来年こそは優勝を誓う増田ジャパン。温かいご声援ありがとうございました。

地域・保護者の皆さま ご声援ありがとうございました。