文化発表会 展示   PC部 家庭科部 

囲碁将棋部

社会科 史跡

 社会科 マンホール

   美術部文化発表会 ~展示部門~

 地域・保護者の皆さま 9月9日(金)2016年文化発表会には多くの方にお越しいただきありがとうございました。さて、芸術の秋です。セ界は広島25年ぶりの優勝で幕を閉じましたが、九中文化発表界はまだまだ続きます。9月9日から10月25日(オープンスクール)まで展示部門を放送室前廊下(写真左上)をはじめ校内各所に掲出、開催中です。ご来校の際にご堪能いただけたらと思います。

  美術部 工事中(左作品他多数)

 PC部 ぎりぎりまでかかってようやく作品を完成させた君の名は?PC部である。PC部は展示部門でも黙っていない。しゃべってもいないがワードで作った新聞2作品をPC室前に掲出した。そのひとつ「すもう新聞(写真中央上)」は、現在の3横綱の紹介から得意技までを網羅し、注目力士は「宇良」をあげていた。そり技が得意でアクロバット力士と呼ばれ、作者は「僕は首を痛めないか心配です」と心優しい一面をみせる。「秋のスイーツ新聞」では、茶色で誌面をまとめ食欲の秋を感じさせてくれる。また、オープンスクールの日までに、未公開九中紹介や年賀状を展示する予定だ。 

 家庭科部 今年の夏休みブックカバーとがま口財布(写真右上)を作った君の名は、家庭科部だった。放送室前ギャラリーに他の作品とともに展示している。自分で作ったものには愛着がわく。ブックカバーは朝読で活躍しそうだ。また体育大会活躍に向けそろいのTシャツも密かに制作している。袖口と脇、裾を縫い、アイロンで飾りをつけた。クラブ対抗リレーで披露する予定である。こうご期待!

 囲碁将棋同好会 C棟1階奥深いところに1枚の壁新聞。めだたないながらも内容は奥深い。月見草のよう奥ゆかしい君の名は、囲碁将棋同好会だった。・・・新聞の見出しは駄目だった(写真左下)。作品が駄目なわけではない。囲碁用語の解説をしてくれているのだ。そんなことをしたらダメでしょ。この「ダメ」は囲碁用語が語源だと教えてくれる。他にも囲碁用語満載の新聞だった。

 社会科 放送室廊下に掲示された史跡(写真中央上)&マンホール君(写真右下)、君の名は1,2年社会科の課題だった。史跡の数々は見に行かなくても楽しめる。マンホールも同じだ。ああ、あんなところにこんなマンホールがあったなんて。マンホールマニアなら、もう垂涎もの作品をお見逃しなく。

展示部門開催中 9月9日~10月25日 校内各所