PC部  剣道部  社会科展示

吹奏楽部1

吹奏楽部2

 吹奏楽部6

生徒会

   9月9日(金)2016年文化発表会(ステージ発表部門 一部展示)が開催されました。最近は朝夕めっきり涼しくなったのですが、会場は保護者を含め超満員熱気いっぱいです。さて舞台にあがる「君の名は・・・」というと生徒会、PC部(左上)、剣道部(中央上)、吹奏楽部(下写真3枚)だった。

  生徒会&3年有志「和太鼓」演奏 太鼓部は緊張していた。いつから部になったの?という声も聞こえてきそうだが、日々校舎に響き渡るドンドコドン♪の音色は、君の名は太鼓部といっても過言ではない。最初の曲は「揃い踏み」である。軽快なリズムを刻むこの曲は、聴いていても楽しかった。卒業記念品太鼓や、フィフティ運動太鼓が映える。みんなで揃えたTシャツも映える。二曲目は「三宅」だ。腰の低い姿勢から低い位置にある太鼓にたたき込む姿はまさに圧巻。どんどんどこんこ。バチ踊る(写真左)!演奏後には万雷の拍手が待っていた。

 剣道部による演武演舞 江戸時代になると平和な時代が続き、剣術は人を鍛え成長させるものへと進化を遂げた。その精神を引き継いで、数百あった剣術の諸流派が融合し、新たに君の名は「剣道」へと発展した。時は流れ、九中剣道部が九中の舞台にあがる。中学生には難易度の高い日本剣道形の小太刀の実演もおこない”九中武蔵”が脈々と育つ。

 PC部による動画 昨日ぎりぎりまでかかってようやく作品を完成させた君の名は?PC部である。スクリーンに動画が動く(写真左上)。司会は人工音声のキャラクターがつとめる。見所はタイトル画面が数秒間の手書きのアニメーション。『新宝島のPVをprocessingで作ってみた』サカナクションの新宝島に合わせたグラフィックデザインをプログラミング、リズムに合わせて花が現れドット絵のキャラが踊った。『あしたはあしたのかぜがふく』はゲーム「星のカービィ」シリーズのエンディング曲だ。一音一音を耳で聞き取り楽譜に仕上げた(これはすごい技術)のだった。

 トリは恒例の吹奏楽部 今年は、大阪大会金賞・関西大会銀賞をひっさげての登場君の名は[安井楽団]。86人が文化発表会のトリを務めた!今年のコンクールで演奏した課題曲「クローバー グランド」、1年生の歌声が初々しい「ビリーブ」をはじめ、老いも若きも耳になじんだ曲の連発に心が和む。演奏後会場後方からは当然のようにアンコール、あんこーーーるの手拍子が鳴る。アンコールがあるのか?司会の文化委員「アンコールはありません(用意していません)」。あれっ。

 顧問「今年の演奏曲は3年生の希望もあり、課題曲を初めて演奏しました。コンクール時の緊張感ある演奏にはほど遠かったのですが、1年生の唄あり演奏ありで無事終えることができほっとしています。今は明後日のマーチングコンテストのことで頭がいっぱいです。」

展示部門開催中(写真右上)9月9日~10月25日 校内各所