たいこ3

 生徒会太鼓部2

 生徒会太鼓部

これがバケツ太鼓(写真1)

太鼓部:体育館ステージ練習(写真2)

太鼓部:見て真似て練習(写真3)

太鼓で応援体育館ステージから応援!

 今年の夏休みは体育館から太鼓の音色が「ドンドコスットントン カカ ドコドン ウン カッ」と聞こえてきます(左写真 8/17撮影)。文化発表会等で披露するために生徒会執行部と3年生有志メンバーが練習をおこなっているのですが、剣道部を応援しているようです。

 生徒会太鼓部 生徒会の練習は昨年まではおもにA西会議室を使っていた。だが会議やクラブミーティングなどで使えないことが多い。そこで今年から体育館舞台上を練習場所に割り当てていただいた。

 今日も暑い。10分も叩けば汗が噴き出る。それでも懸命に生徒会顧問の先生が指導し練習する。ドンドコスットントン カカ ドコドン ウン カッ ドドドンドコストストドンドン♪ ドドドンドコストストドンドン♪ ドドドンドコストストドンドン♪ ドドドンドコストストドンドン♪ ドドドンドコストストドンドン♪ ドドドンドコストストドンドン♪ ドドドンドコストストドンドン♪ ドンドコスットントン♪ 剣道部の心が鼓舞される。まるで体育館クラブの応援をしているようだった。

 これは、もう太鼓部である。太鼓部ってあったか。もちろん正式な部ではないが期間限定太鼓部といっても過言ではない練習ぶりだった。ドンドコスットントン♪ばちがとぶ。これで頭打たれたらたんこ部だが、ここは太鼓部だ。太鼓部のメンバーは執行部と3年生有志の11名の編成である。昨年までは太鼓が足りず、バケツを叩いていていた(写真1)。今年は違う。節電節水がんばったもんなぁのフィフティーフィフティー運動で購入した太鼓がある。昨年度PTA卒業記念品で頂いた太鼓がある。持つべきはPTA!おかげで、バケツを叩かずに太鼓を使って練習できるのが嬉しい。

 6月中旬から生徒会室で練習をしてきた。昼休みや放課後クラブ活動との両立は難しいが練習を重ねてきた。生徒会室は狭く暑い。そんな環境でも和太鼓に魅了され、メンバーはのめり込んで練習してきた。夏休みに入って体育館に練習場所を移した(写真2)。体育館は広い。太鼓をたたき込むと音が響き渡る。ちょっとは腕をあげた気になる。そこに「ダメ!もう一度!」ダメだしが入り腕をあげた気になっただけと練習を重ねる。顧問の先生?がドドドンドコストストドンドンと口伝えで指導し(写真3)、生徒達は覚えていくのだ。

 これを口唱歌という。和太鼓のリズムの覚え方なのである。和太鼓では音符を『どん』『こ』などで表し、休符を『うん』や『す』などで表す。耳でリズムを覚えていくのが基本になるのだ。一子相伝の技みたいなものだろうか。奥が深い。文化発表会演目はリズムで聴かせる「揃い踏み」と力強さの「三宅太鼓」の予定である。9月9日を待て。

 太鼓部?顧問「今年は練習で全員が揃うことが少なく、夏休み終わりの段階で出来映えはまだまだですが、二学期に入ってからしっかりと音合わせをし、文化発表会では皆さんに最高の音を届けられるよう部員一同がんばります。」

どんどこどんという音をまいて 心が鼓舞する