夏祭りパンフレット 

 ひこうきぐも

 出番だ。1年生。

千の里 今年は岡山県(写真1)

つながる ひこうきぐも出店(写真2)

出番を待つ1年生!(写真3)

吹奏楽部~ 千の里&吹奏楽部 ~

 祝日「海の日」の前日の日曜日(7月17日)は新田南夏祭り。15年前に子どもたちの思い出になる夏祭りを作ろうと立ち上がった企画です。子どもたちにとってはふる里のお祭りとして定着、昨年は富山県を誘致し今年は岡山県から、ももっち&うらっちさんに来ていただきました(第15回新田南祭り実行委員さんより 写真1)。その由緒あるお祭りに「サークルひこうきぐも」が、からあげ屋さんを開いてお客さんの胃袋を満たし(写真2)、九中吹奏楽部はパフォーマンスステージで演奏を披露し来場者の心を満たしました(左写真)。

 1年生デビュー!吹奏楽部 ここ数年、吹奏楽部が演奏する頃になると雷鳴が轟くわ!雨がどしゃ降るわ!と天も喜んでいたのだが今年は違う。天候まで感動してくれ晴れるわ、だった。朝方の雨はあがり、1年生がデビュー千(デビューする千の里祭りの短縮形)にあがるのを待つ。1年生にとっては、毎年この舞台が初めての本番となる。1年生は4月に入部したばかりだ。楽器が決まったのも5月中旬、音階練習を積み曲に取り組めたのは6月。取り組んだ曲は「RPG」で6月に行われた「3000人の吹奏楽」で2,3年生が演奏した曲だ。しかしその前に名曲「ビリーブ」を歌わなければならない。緊張も自然と高まってくる。

 演奏前和気会々とお祭りムードが漂う。1年生はそれどころではない。心臓ばくばく。緊張のあまり喉から心臓が飛び出したらどうしよう・・・大丈夫だ、心臓はとびださない。定刻3時半に司会がオープニングを告げた。最初は2,3年生だけの演奏で「ユー レイズ ミー アップ」が感情豊かに奏でられる。続いて「ゲット イット オン!」、「笑ってたいんだ」、「家族になろうよ」とプログラムが進んでいく。会場は満員御礼!カメラが、ビデオもいっぱい回る(写真左上)。一年生はその姿を見ながら、出番を待つ(写真3)。

 1年生デビュー千! さあ!1年生の出番だ。2,3年生の前に一列で並んだのを指揮者が確認し「ビリーブ」の伴奏が始まった。緊張しながらも初々しい歌声が体育館に響く。会場には緊張感溢れた歌声もエンディングを迎え、いよいよ初演奏である。「RPG」のイントロ部分がパーカッションによって演奏されている間に、自分の席に座る。全員が座ったのを確認し、指揮者のタクトが振り下ろされ演奏が始まった♪終わって万雷の拍手!無事デビューを飾った1年生。顧問の先生が1年生は未熟なので・・・と言っていたが演奏後の拍手は、「いいやいいや、1年生はたいしたものだよ。」の拍手喝采だった。

 顧問「1年生にとっては次の舞台を踏むためのいい経験になったに違いありません。この後22日にアクア文化ホールで2,3年生だけで「サマー ブラスフェスティバル」でコンクールの課題曲と自由曲を演奏し、28日(金)に箕面自由学園では1年生を含め全員で「ハッピーサマーコンサート」に出演する予定です。8月3日には吹田のメイシアターでおこなわれる「大阪府吹奏楽コンクール北摂地区大会」に出場し、3年連続大阪府大会を目指します。」

目指すは 3年連続大阪府大会!