あいさつ運動バス道  あいさつ運動青い陸橋

 あいさつ運動1

地区委員さんにおはよう(写真1)

青い陸橋でおはよう。(写真2)

風紀委員集合。おはよう。(写真3)

アルミ缶回収&あいさつ運動

Good morning 2016

  あいさつを通して生徒の社会性が育っていきます。特に朝のあいさつ「おはよー」は、Good!です。グッドモーニングというぐらいですから。この一言で一日の始まりがすがすがしい気分になるので、九中校区ではこの時期一斉に「あいさつ運動」を実施、校区の方々が、あちらこちらで九中生を見守って下さっています。

 あいさつ運動(校内) 九中のあいさつ運動はひと味違う。盆と正月が一緒に来たように、とかく賑やかである。盆と正月が一緒に来たとは、うれしいことや楽しいことが重なることのたとえで、非常に忙しい時にも使う。

 まず、「緑」に囲まれた正門。正門前から玄関に向かって「みどりいっぱい」が登校する生徒を後押ししてくれるのが嬉しい。目にも優しいし。登校する生徒達は気がつかないかも知れないが、さわやかな朝を緑が毎日演出してくれているのだ。その上あいさつ運動期間は、風紀委員達10名以上が正門付近で「おはようございまーす」と迎えてくれる。おもわず「おはよう」と自然と声がでようというもの。楽しい気持ちになってね!がいっぱい。その横ではアルミ缶回収の店をだす生徒会が、せっせ、せっせとアルミ缶をつぶし数える、ああ忙し。(写真左上 今朝の登校 みどりいっぱいを背景に登校&アルミ缶回収&あいさつ運動 合成写真)。

 あいさつ運動(校外) あいさつ運動は今週7月4日から始まった。あいさつ運動とともに気温が上昇し、連日30度を超える日々が続く。もーもー、もーやだ。牛か。暑い。クーラーつけて!と声が出てくるのだが、そんな季節は楽しみながら登校したいもの。そこで、PTA地区委員さんの「あいさつ運動」である。

 空梅雨の あいさつ運動 顔アガル 今朝も7時40分過ぎ、生徒指導担当の石田Tが電動自転車(サンダーバード3号)で九中を出発する。九中生の登校の様子を見守るため、またPTA地区委員さんに挨拶POINTで声をかけるため校区を疾走するのだ。各地区の地区委員さんが空梅雨快晴の中、気持ちよく声をかけておられる。登校する生徒に「おはよー」と声をかけると「おはようございまーす」と返してくれる。地域がひとつとなり、気持ちの良い朝をおくれたことを実感する。中国道北側で、バス道で(写真1)、青い陸橋のたもとで(写真2)、九中坂あがったところで・・・さわやかな声が響き、九中生の顔もあがる。風紀委員会も出動だ(写真3)。

 8時30分過ぎ、広い校区の巡回を終え石田Tが、サンダーバード3号のペダルを強く踏みこんだ。上り坂だ。かなり汗だくとなるも、風が心地よい。石田T「地区委員さんが『女子生徒は前から挨拶を返してくれることが多かったが、今回の挨拶運動では男子生徒も自ら挨拶を返してくれることが多く、非常に嬉しい』とおっしゃっていました。地域の方は、あいさつとともに、生徒たちの様子や安全を見守ってくださっています。地域の方々の協力あっての九中だと思います。本当にありがたいです。」

九中のあいさつ運動 盆と正月が一緒に来たようだ。