1年美術  1年美術2 1年美術3 

美術 切り絵1

切り絵2

切り絵3

POPコンテスト放送室前廊下=目抜き通り  

  世間で6月24日と言えば、イギリスのEU離脱の是非を問う国民投票に耳目が集まっていますが、今日は「ポップコンテスト:主催 図書委員会」投票の最終日でもあります。ポップコンはポップコーンを食べ、食欲をかきたてる大会と勘違いされやすいのですが、食べてはいけません。普段読書から離れている生徒に対して読むきっかけを作ってくれるのが、ポップです。ポップは、視覚的に楽しみ「読書意欲」をかきたてるものなので、全校生徒がよく通る目抜き通りに作品を貼り出しています(左写真)。

 目抜き通りでポップを見てもらえることで、「あっ、この本かりよう」と、図書館に足を運んでくれることを期待しているのです。

 九中目抜き通り 街中のにぎやかな通りを「目抜(貫)き通り」と呼ぶが、語源は刀の柄の最も目立つにぎやかな場所、目貫(めぬき)に由来する。では、九中の目抜き通りといえば、どこだろうか?もちろん放送室前であることは言うまでもない。図書委員会POPコンテストもここでおこなわれ、他にも九中生の美術作品が定期的に展示され、道行く人の心を和ませている。

 美術作品 靴の模写。緻密にていねいに、質感まで見事に表現された靴の作品が並ぶ、靴靴靴(写真上3枚)。月曜日から始まる期末テストは苦痛ではなく、この土日は足下(基礎)から学習しよう。快楽だ!自分の力を試し心地よく楽しんでね、ていねいな答案を心がけてねとのメッセージが作品に込められているんじゃないかと思わせるぐらい、意欲ある1年生の美術作品であった。 

 3年生の作品は、カラーの切り絵文字だった。書体は、明朝かゴシックで作品の大事な要素の一つなのである。旧2年生が3学期、切り絵で「2016年今年の漢字」に挑戦したのだった。文字は今年どんな1年にしたいかを一文字で表す。文様は何種類かの中から組み合わせデザインを考えた。色は文字に合わせて決める。完成した作品は、放送室前に掲出した。たとえば「眠」「自」写真下3枚)。テストで「眠」っては困るが、人生睡眠は大切だ。人生の1/3は睡眠だもの(1日8時間睡眠)。「自」分で未来を切り開く。中学生活2/3を終え創造力やら技術が、どんどん豊かになっているのは確かだ。3年生の今後の作品が楽しみでならない。

美術は学校のなかで完結しない 模写&切り絵