くつ箱  出発式  かべ新聞より

整理整頓 靴箱(写真1)

体育館で出発式(写真2)

かべ新聞より(写真3)

出発FRIENDSHIPS 2016

 修学旅行で様々なことを学び、レベルアップして大阪へ!「全員が主役で全員脇役 それぞれの舞台へ」そして仲間と共に最高の旅へ in  信州を目標に、3年生修学旅行隊は、今朝無事九中を出発しました。

 白馬へ! 前夜からの雨はすっかりやんだ。8時前生徒玄関から正門前にバスが7台配車される。九中の生徒玄関から正門前はなかなか広いので大型バス7台はゆうに入るのだ。集合時間の8時!空は快晴!運動場に集合が出来る・・・と思ったのも束の間の幸せだった。運動場はぬかるみの世界で出発式ができる状態ではなかった。でも大丈夫です。織り込み済みです。人間万事塞翁が馬です。人の幸不幸は時間が経ってみなければわかりません。昔、中国北方の近くに住む占いの巧みな老人(塞翁)の馬が逃げ、人々が気の毒がると、老人は「そのうちに福が来る」。やがて、その馬は駿馬(りっぱな馬)を連れて戻ってきました。人々が祝うと、今度は「これは不幸の元になるだろう」。すると馬に乗った老人の息子は、落馬して足の骨を折ってしまう。人々がそれを見舞うと、老人は「これが幸福の元になるだろう」。一年後、戦争となり若者たちはほとんどが戦死しましたが、足を折った老人の息子は、兵役を免れたため、戦死しなくて済んだという故事です。(参考:故事ことわざ辞典)昨年も言ったような気がするが、気にしない。

 ということで、寄らば聞け。出発式は体育館だ。1,2組は体育館下足箱に靴を置く(写真1)!それ以外はテラスだぞ。きちんとさんだ。生徒が体育館に入ったあと下足箱には靴がきちんと収まっていた、整理整頓さすが九中生だ。で、今年も体育館で「ルールを守って白馬に行くぞ!」と気勢を上げ出発式をおこなった(写真2)。式後、白馬(写真3 壁新聞 ピカソ的な感性を彷彿させる絵)の思いを募らせバスに乗り込んだ(写真左上)。いってらっしゃーい。 


 修学旅行だより1号  2016/06/08(水) 09:15  おはようございます。本日から三日間、修学旅行の様子を随時お伝えいたします。完璧な快晴。今日は全員が、晴れ男さん、晴れ女さんです。生徒の皆さんは元気いっぱい。今は、バスで移動中。談笑、トランプ等で楽しんでます。

修学旅行だより2号 2016/06/08(水) 13:53  自作のDVDでのバスレク、おおいに盛り上がり、眠気もすっ飛びました。駒ヶ岳でお弁当を頂きました。雲の隙間から太陽が降り注いでいます。空気も澄んで、すがすがしいおかげで、お弁当も非常においしかったです。自然の力は偉大ですね。もう少しで、白馬です。 

今後、修学旅行速報として、HPに旅行の様子を随時アップしていきます。