トマト栽培  トマト栽培2  トマト栽培3

トマト栽培1(写真1)

トマト栽培2(写真2)

トマト栽培(写真3)

  昭和45年 九中Happy Birthday九中!
 46歳を迎えます。

 明日、九中は46歳の誕生日を迎えます。46歳といえば芸能界でいえば福山雅治さんや吉田栄作さんが今年46歳を迎えます。福山雅治、吉田栄作、豊中九中と並ぶとまだまだ青年真っ最中を感じ、いつまでも瑞々しいトマトのようです。

 2016年5月31日創立記念日イブ きんこんかーん。10時45分中間テストの終わりを告げるチャイムが鳴った。ああ!終わった!終わった!少しばかりの開放感が生徒の間に漂う。放課後はクラブに行こう。期末に備えて勉強しよう。明日も創立記念日で休みだし。そんな思いが交錯する中、正門前トマト畑に向かう3年生がいた。技術の授業で3年生が各自で栽培しているトマトたちが待つ。平成24年度から学習指導要領が改訂され、技術の授業で、生物育成の技術(栽培)が必修単元となり、九中ではトマトの栽培をおこなっているのだった。毎日観察し水をやり大切に育てる人もいる。はたまた水は天(雨水)にまかせて、ライオンの子は谷底に突き落として育てるのだタイプの人もままにいる。どちらにしても日に日に大きくなるトマトに愛着が湧くのは、確かだ。かわいい。

 明日は創立記念日で水をやれないので今日、やっとこ(写真1)という3年生たちだった。ちらちらと青い実をつける鉢にジョウロを低くし,優しく水をあげた(写真3)。

 教科担当「トマトを選んだのは、抗酸化作用を持つとされる成分リコピンが多量に含み、血液をサラサラにし健康に良いとされるからです。栽培の授業をとおして農業の素晴らしさ、大変さも学んで欲しいと思います。」

 2016年6月1日創立記念日 まだまだだな。という人のことを青二才というのだが、九中のトマトはまだまだ青い(写真2)。だが後1ヶ月もすれば真っ赤に熟したトマトになる。植物も人間と同じ、手をかけ、目(芽)をかけてあげれば、すくすく育つのだ。

 では、すくすく育った九中46歳の誕生を今年も振り返って見よう(左上写真 昭和45年撮影)。昭和45年(1970年)3月20日に第1期工事が、竣工同年4月1日 普通教室12、特別教室6の東館のみでの開校。入学式は、同年4月9日 新入生97名、翌年2月15日に体育館がう竣工。開校時の生徒数は、新入生97名、2年生69名、3年生4名の計170名で45年度の卒業生は13名だった。1970年6月1日に校章が制定され、この日が創立記念日となった。

 創立記念日学校は開いているが、生徒は休み。他の学校が授業をしている日に休みなのはちょっと幸せな気分?なのだがふらふら歩道とかで遊んでいると補導されるかも知れないので注意をしましょう。明日は46年の重みをかみしめ、九中生であることに誇りを持って6月1日という日を有意義に過ごしてくれることを願います。

九中生であることの誇り 創立記念日