参観 技術  授業 社会  参観

授業参観 教室(写真1)

授業参観 教室(写真2)

授業参観 廊下(写真3)

 評価に関する説明会~ 参観・評価に関する説明会

   本日は授業参観、学級懇談会、評価に関する説明会等に多くの保護者の方が来校され九中教育にご参加いただき本当に感謝しております。体育館でおこなった「評価に関する説明会」では、500名近くの方の参加があり(左写真)目標に準拠した評価についての資料を中心にお話をさせていただきました。

  評価方法や受験制度が変わっても基礎学力を大切にしなければならないのは言うまでもありません。なお、当日お仕事等の都合で参加いただけなかった保護者の皆様には、生徒を通じて資料を配付いたします。

 授業参観 5限の予鈴が鳴った。B棟中央廊下付近にコンシェルジェティーチャーが立つ。ここまで来た保護者は迷宮の入口に立つ。特にB棟3F中央まで来てしまうと、4Fにただでは行けない校舎の造りになっている(もちろんお金はいりません)。2-6、2-7の保護者はここで4Fに行く階段がないことに怪談を感じ私はどうしたらいい・・心配はいりません。コンシェルジェティーチャーがいます。「ここを突き当りまで行き、階段を上がってください。上がったところが6組です。」 また、とある保護者「3-7組はどこですか?」ここからA棟3階に行くのも不便なのだ。「教室に生徒がいません!どこですか。」調べると○○室で授業をおこなっていたことがわかる。コンシェルジェティーチャーが部屋まで案内した。そうこうしているうちに、どの学年の廊下も人でいっぱい(写真3)。保護者の皆さまの視線が学力を向上させる。

 さて、迷宮?のB棟4Fである。幸いにも多くの保護者がおられた。2年6組の教室の後ろにも保護者がいっぱい。技術の参観授業で担当教諭はPCを活用しプロジェクターが活躍していた。てこクランクという動力装置の仕組みを動画で説明していたのである(写真1)。保護者の方も腕を組み・・・結構難しい。授業にくぎ付けとなった保護者の皆さまは教室をてこでも動かなかった。隣の7組は社会の授業参観。気候について聞こうである。日本の気候ってどんなんや。えっ?生徒「温暖」そやな。生徒「四季がある」ええな。おなじ日本でも長野や、大阪とでは、気温、降水量がぜんぜん違うことを雨温図(写真2)をみて学習しよか・・・。」元気にしっかり社会科を楽しむ先生と生徒がいた。

 評価に関する説明会 (学習指導担当者&9教科代表の説明より 写真左上学習指導要領に基づき、目標準拠評価(絶対評価)を行っています。まず、[観点別評価]として、生徒の学習に対する「関心・意欲・態度」「思考・判断」「技能・表現」「知識・理解」を評価します。「十分に満足できる」場合は[A]、「おおむね満足できる」場合は[B]、「努力を要する」場合は[C]と評価します。その際の評価資料や評価基準は、別紙に記載しています。次に【評定】として、観点別評価を総括したものを5段階で表します。生徒にとって自らの学習状況に気づき、自分を見つめ直すきっかけとなり、その後の学習や発達を促すものとなるよう願っております。ご理解のほどよろしくお願い致します。出来ることを確実にし、親として近づきすぎず離れすぎずがポイントです。

保護者「昨年は1年生だったので、内容や意味が難しすぎてよくわかりませんでしたが、今年はよくわかりました。テストだけではないんですね。」

 近づきすぎず 離れすぎず・・・できることを確実に。