選挙  投票用紙記入  投票

立会演説を聴く(写真1)

投票用紙に記入(写真2)

投票をする(写真3)

     生徒会選挙    ~  生徒会役員選挙~          

 卒業式後、毎年おこなわれるのが次年度の生徒会役員選挙です。選挙といえば昨年大きな改正がおこなわれたのは人口に膾炙しているところ。平成27年6月、公職選挙法等の一部が改正され選挙権が18歳に引き下げる法律が成立しました(平成28年6月19日施行)。その時のために、豊中市選挙管理委員会の全面的な協力を得て、今日16日の5,6限目に投票箱から記載台まですべて実際の選挙で使われる本物を用意、立会人の方3名にきていただき投票(左写真)を実施しました

 選挙権は18歳から・・・日本は少子高齢化、人口減少社会を迎えているのは3年の社会で習う。千里を見渡してもそれは実感するところだ。そんな中、国は、日本の未来を作り担う存在である10代にもより政治に参画してもらいたいと考えた。また、より早く選挙権を持つことで、社会の担い手であるという意識を若いうちから持って欲しい。主体的に政治に関わる若者が増えて欲しい。若者の投票率が低くなると、若者の声は政治に反映されないぞ、その結果、若者に向けた政策が実現しにくくなるぞ(参考 総務省HP)。少子化が進んでいるのに、保育所のニーズが高まっている。最近話題になっている保育所待機児童問題もそうだろう。

 そこで、選挙を身近に感じて欲しいと、生徒会担当の先生は出来るだけリアルな選挙を用意したのだった。

 立会演説が始まった。生徒たちは、選挙公報を読む(写真1)。候補者が生徒会で何をしたいかを述べる。「・・・1つは、生徒会と委員のかかわりを増やすことです。生徒会と委員とで意見を交換し合うことで意見の幅が広がり、より良い九中を作ることができると思うからです。2つは、社会貢献を広めていくことです。社会貢献には身近なものを使って僕たちにも簡単にできるものが多くあります。少しでも多くの人や国を助けるためには一人でも多くの九中生に知ってもらいたいです。元気に明るく頑張りますのでよろしくお願いします。」いいことを言う。九中をよくしたいという意気込みが伝わってくる。

  投票・・・演説後厳粛な雰囲気の中、生徒たちは投票台に向かった(写真2)。今回は豊中市から来ていただいた立会人の方3名が投票箱の前で目を光らせる(写真3)。最初の生徒が本物の投票箱の前に立つ。選挙管理委員が投票箱を開け、種も仕掛けもありません!と空っぽの箱を見せた。空っぽだった。不正はない。用紙は2つ折り、4つ折りどちらだったかな?自分の番になると回りの様子をうかがいつつ投票をする。投票を済ませた生徒はホッとした表情を浮かべ教室に戻っていった。生徒「なんか大人になったみたい。」

 今回の選挙を経験した九中生は、選挙を身近に感じてくれたと思う。責任をもって代表を選ぼうと自覚をもってくれたらいいな。18歳になったら選挙に行こう。

 18歳になったら・・・選挙に行こう♪