送る会1  吹奏楽部  思い出ビデオ

3年生入場(写真1)

吹奏楽から(写真2)

思い出アルバム上映(写真3)

 3年 大地讃頌 ~感じて動いた!感動。   

 3月9日(火)。今日は、1年生2年生が3年生のために取り組んできた送る会です。ステージには、1年生からのタペストリー「無限大」。体育館両サイドには、ステンドグラス「学校風景」が会場を包みこみました。 九中在校生のステージ発表に3年生は感じて動く!感動です。これから始まる3年生物語に拍手、拍手の送る会となりました。

  卒業おめでとう。3年生が入場し(写真1)オープニングを飾るのは2年生委員長会のダンス!皆さん盛り上がっていきましょう!で盛り上がった。続いて吹奏楽部の演奏(写真2)、1曲目は「ユーレイズミーアップ」あなたが私を奮い立たせてくれた♪・・・3年生がいてくれたから、私達は頑張れたのメッセージが込められている。2曲目は「ゲットイットオン」にぎやかにいきたいと華やかな曲で3年生を応援する。顧問「なかなか練習する時間がなかった中、1、2年生は気持ちを込めて演奏することが出来たと思います。」

 続いて、タペストリーが披露された。1年生だ。6m×3,6mの壮大なちぎり絵。公開された瞬間、体育館が沸いた。おぉーーのどよめき。代表「このタペストリーのテーマは「無限大」です。これを作るときに紙を大きくちぎったり、小さくちぎったりすることや、紙の貼る場所を間違えて貼り直すのがとても苦労しました。3年生の先輩方の喜ぶ顔を想像すると頑張ることができました。タペストリーにかいてある The World Overflows With Hope は『世界は希望に満ちている』という意味です。」

 2年生も負けてはいない。3年生に対して感謝の気持ちを表すために作成してきた「ステンドグラス」だ。代表「テーマでは『学校風景』です。九中で過ごした3年間の日々(学校・部活や理科・美術・音楽など)、を忘れないで欲しいという想いを込めて作りました。台紙やビニールを切ったり、台紙にビニールを貼ったりするのは大変でしたが、先輩方に喜んでもらいたいという一心で作りました。九中での思い出を胸に卒業してからも頑張って下さい。」

 送る会の時間はあっという間に過ぎる。その後は恒例のくす玉割や各クラブからの熱いメッセージで3年生を鼓舞する。で、1年生全員合唱「あなたに会えて」、2年の合唱「地球星歌」が3年生に贈られた。お返しは、「大地讃頌(写真左上)」タペストリー「無限大」ステンドグラス「学校風景」の下、3年生が圧倒的な声量で1,2年生に応える。3年はただものではないを実感だ。場内が暗くなった。46期生 思い出アルバム「もうできた うんできた 完成」が始まったのだ(写真3)。3年前の動画や写真がスクリーンに流れだすと、わぁー!おー!やぁ!おれー・・・だ。成長していく3年生の姿にビデオ担当河村Tが涙ぐむ。制作日数2ヶ月をかけた大作だった。・・・体育館にいる全員が感じて動く、感動の送る会は盛大な拍手で幕を閉じた。

 保護者の皆様へ 「46期生思い出アルバム もうできた うんできた 完成」は卒業式終了後、保護者の皆様に上映いたしますので、是非、最前列でご覧下さい。※卒業式は、9:10分までに、ご着席くださいませ。

  世界は希望に満ちている タペストリー