2年合唱 クラス練習  表彰状  譜面台

教室にて練習(写真1)

 栄冠は何組に?(写真2)

体育館は待つ。(写真3)

 合唱練習 前日待ったなし  

 保護者の皆さま、インフルエンザで中断を余儀なくされた2年生合唱コンクールですが、学年末テストを挟んでいよいよ明日2月25日(木)5、6限(1時25分整列完了予定)に実施いたします。ご都合がつきましたら子どもたちの頑張りをぜひ、ご覧ください。※当日は保護者プレートをお願いします。上履きをご持参ください。(発表中の入退場はご遠慮ください。) 

 水が入っても。・・・水入り(みずいり)とは、大相撲において、長時間の取組(いわゆる大相撲)になり、疲労などのために取組に進捗が見られない状態になった際、行司あるいは審判委員の判断によって取組を一時中断することである。水入りになることを「水が入る」ともいう(参考ウィキペデア)。また、他のスポーツでも雨天順延のことを「水入り」と呼ぶことがある。

 2年合唱コンクールにも水が入った。よもやの合唱コンクール延期だった!有史以来九中合唱コンクールの長い歴史の中で、インフルエンザによる水入り延期は初めてなのではなかろうか。各クラスとも2月12日を頂点に持ってくるため練習、調整していたのだから、これはもう水を差されたとも言える。

 水を差されても。水を差すとは、物事がうまくいっているときに邪魔をする。乱すことのたとえである。12日だったら絶対うちのクラスが一番だったのに・・というクラスも、延期でよかったなというクラスも学年末テストという大きな試練を乗り越えねばならなかった。頭の中から「地球星歌」を横に置き、今日まで3日間テスト問題に立ち向かったのだ。テスト後は水に差されたことを忘れ一気に各クラスとも合唱モードに入った。休み時間、指揮の練習をする強者がいた。担任もその気になる。3限に机を後ろに下げ、明日に向けて、さあl練習だ(写真左上)。指揮者、いいか。課題曲、自由曲「輝くために♪」を合唱する(写真1)。12日からの伸びしろーーーが伸びた!よくなっていったクラスがある。ダントツで声がでていたクラスとの差は縮まっている。12日から25日に書き換えられた賞状(写真2)は何組に書き換えられるのだろうか?天は何組に微笑むのか。明日の結果は・・・・?これは、もうまったくわからないぞ。体育館は待つ(写真3)。

 クラス発表 課題曲「地球星歌」  自由曲 1)3組 若い翼は 2)4組 時を越えて 3)6組 輝くために  4)2組 かえられないもの  5)1組 変わらないもの 6)7組 桜の下で  7)5組 With you smile

  音楽科の先生「12日に向けて気持ちを盛り上げてきたので、延期は残念でしたが、あなたたちなら出来る。熟成された歌声を聴かせてください。今度こそ学年全員で心をひとつにして、行事を成功させてね、信じて待ってます(写真3)」 さぁ、舞台は整った。決戦は、木曜日。天まで届け。響け。2年生の歌声!

  決戦は木曜日。2月25日。13:25整列完了予定。九中体育館