2月9日 私学前日  受験のしおり  2月9日終礼

某組 日めくりカレンダー(写真1)

3年生必携受験のしおり(写真2)

某組 終礼黒板(写真3)

 私学入試前日 ~私学入試 前日   

 明日から多くの3年生が私学入試に望みます。筆記試験と学校によっては面接試験があります。試験当日は、しっかりと朝ご飯を食べ脳もお腹も栄養満点、余裕を持って出発しましょう。春はもうそこまで来ています。

 ことばのお守り 私学前日2月9日、今日は何の日ということで3年某クラス生徒自作日めくりカレンダーは、「2月9日 明日は私立本番」にめくられていた。イラストは人があつまる肉(写真1)だった。「みなさん明日は頑張りどころです。今まで努力してきたことを精一杯出しましょう。肉の日だからといいって、朝から焼き肉なんて・・・ね♥」とコメントも優しい。

 隣のクラス後ろの黒板には、第1回名言コンテストが担任の関わらないところで開催されていた。優勝作品がこれだ。「人の点数なんかは関係あらへん。戦っているのはいつも自分や」得票数は25票を集めたようだ。担任は、まっ、落書きなんかして!と消そうと思ったらしいが、フムフム。なかなかいいじゃないのと考え直し、彼の美術作品を横に添えることにした。がん晴れ(左写真)。

 そこで(1月18日 3年生学年だより)である。「受験生ということで、今年は初詣に行った人が多いのではないかと思います。お守りをいただいてきた人もいることでしょう。では、『 ことばのお守り』を持っている人はいますか?春、3年生になったみんなに、進路の下久保先生から『だって』『どうせ』『でも』といった否定的な言葉をやめよう、という話もありましたね。後ろ向きの言葉は、行動までもを後ろ向きにしてしまいます。逆に、しんどい時に自分を支えてくれたり、元気にしてくれる言葉が、力になってくれます。ぜひそれを自分のお守りにしてみてください。」戦っているのはいつも自分や!がん晴れ!の言葉、いいかもしれない。青い鳥(重松清 著)の村内先生の言葉ならこうだ。「間に合ったな」。

 私立高校入試について(2月9日 3年生学年だより) いよいよ入試が目前にせまってきました。生活リズム、体調管理、そして気持ち、しっかりと整っていますか?今日はしっかり準備しておきましょう。やるべきことの流れが頭に入っていると、落ち着いて受験できますよ。この通信とともに、『受験のしおり写真2 おまもりになります)』を熟読しておこう。

 『ここまで頑張ってきたから大丈夫』と自分に言い聞かせて、自信をもって頑張ってきてください。また、下を向かず、前向きになれるようにしっかり胸をはって、自分の力を出してきてください。緊張も、焦る気持ちもあると思いますが、今日の勉強は新しいことをするのではなく、これまでやったことを見直そう。そしてしっかり睡眠を!明日は九中から先生たちも声援を送っています。」終礼後、某クラスの黒板に一言「上靴持ってかえる(写真3)。」例年入試前日の夜、学校に電話がかかる。先生上靴忘れましたと取りに来る生徒がいるのだ。明日は上靴忘れず気をつけていってらっしゃい!

 学年だよりは九中生を応援しています。担当者