朝読1  朝読2  新入生保護者説明会

読書 8時33分(写真1)

今朝8時35分(写真2)

新入生保護者説明会(写真3)

  ~今日の朝読と新入生保護者説明会   

 朝読の様子みんなが過ごしやすい九中への第一歩!」へ向けて図書委員会の野望は今日も続きます。朝読です。本日放課後、体育館で新入生保護者説明会を開催させていただいたのですが、その中でも読解力の向上には朝読はかかせません!と強くPRさせていただきました。

 チャイムが鳴った!  週末金曜日の朝は8時33分から始まった。朝読は突然に「おはようございます。」とスピーカーから放送が流れる。「図書委員会です。8時35分からは、朝の読書の時間です。着席して、本を読み始めましょう。まもなく、朝の読書の時間です。着席して、本を読み始めておきましょう。」と毎日流れる放送は空気のように九中では当たり前、必要なものになっている。今月の当番は1年生図書委員が登板である。「着席して、本を読み始めておきましょう。」

 そこで今日は1年生の某教室である。イレイサー(黒板消し)の筋がまっすぐ残る美しい黒板のど真ん中に、張り紙が一枚掲示してあった。「本を持ってこよう(写真1)」ぎりぎり教室に飛び込んでも、AS SOON AS 目に飛び込んでくるようになっている。8時35分チャイムが鳴っても誰も机に向かわない。もう、ほとんどの生徒が座って本を読んでいるからだ。8時35分のチャイム前に皆自然と席につく。本を広げる。・・・一番後ろの生徒は・・・「バーティミアス~ 第3巻プトレマイオスの門(写真2」を読んでいた。「バーティミアス」シリーズは、イギリスの小説家ジョナサン・ストラウドによるファンタジー連続小説である。この作品は世界30か国以上で出版され、ベストセラーとなっているそうだ。この本、何がすごいかというと本の厚さが並大抵ではない。厚さ50mmはあろうか。朝読で読むには骨が重(折れ)そうだが、おもしろいのだろう。彼はひたすら本の世界に入りこんでいた。・・。担任はどこに?いた。朝読の邪魔にならぬよう静かに窓の横にある書架を整理していた(写真左上)。窓から差し込む小春日和の陽射しは昨日より暖かい。教室に流れる空気も心なしか優しい。チャイムが鳴った。机の上には国語の教科書が用意され1限目が始まる。

 新入生保護者説明会 1限目はあっという間に終わり、いきなりだが放課後である。九中に入学する予定の保護者の方にたくさん来ていただいた(写真3)。

  新入生保護者の皆さま。本日は多数のご参加をいただきありがとうございました。九中は1970年、万博の時にできました。保護者の中には、まだお生まれになっていない方も多くなってきたようです。本日の説明を聞かれ、ご心配な点や不明な点がございましたら気軽に九中までお問い合わせください。桜の咲くころ、皆さまをお待ちしております。(教職員一同)

 Fulfilling of reading books in the morning. ~朝読の充実~