生徒会だより 図書委員会3  図書委員会3

生徒会だより(写真1)

図書委員会の野望(写真2)

図書委員会の野望2(写真3)

アルミ缶回収  ~ 生徒会専門委員会   

 今日は12月アルミ缶回収の初日です。昨夜からの雨もなんとか上がり、気合いの入る生徒会&委員長!8時過ぎには生徒玄関前で学年ごとにアルミ缶回収の出店準備をし、登校する生徒に向かって元気な声で、「おはようございまーす」と呼びかけ・・・おっとアルミ缶を持つ生徒には一段と大きな声で「おはようございまーす!」(左写真)

 また、放課後には各専門委員会が開かれ後期の活動方針に向け一歩踏み出したのでした。

 みんなが過ごしやすい九中への第一歩! 明日発行予定の生徒会だより(写真1)の予告である。スローガンはみんなが過ごしやすい九中への第一歩!」である。このスローガンを実現するために、生徒会では5つの方針案を考えた。

 5つの方針案 ①Fulfilling of information transmission ~情報発信の充実~  ②地球に優しい九中にしよう! ③学校生活を見直そう。 ④みんなで考えよう!!~これからの九中のことを~ ⑤深めよう!人との絆  である。そのひとつを紹介しよう。

 Fulfilling of information transmission ~情報発信の充実~ 執行部の活動や学校の様子を伝えるのに大きな役割を果たしているのが生徒会だよりです。今まで以上にたくさんの人に読んでもらえるように読みみやすく印象に残る生徒会だよりにしていこうと考えています。更に九中ホームページを利用して保護者の方や地域の方々にも学内活動を紹介できるように生徒会ページの作成を考えています。またみなさん一人一人からの意見や情報を全体のものにするためにも意見箱の活用にも力を入れていこうと思っています。私達の思いやみなさんの考えを広く共有することで改めて気付くことも増えると思います。」・・・どうだ。BOREL交流の影響からか、タイトルは英語である。このHPにも攻めてきてくれるという、嬉しいな、受けてたとう。みんなが過ごしやすい九中のためたくさんの情報発信を期待しています。

 図書委員会の野望 今日の九中図書委員会はいつもと違った。図書委員会の野望!それはすべてのクラスに朝読を定着させることだった。えっ?朝読は2年前から始まっている。8時30分からみな本を読んでるよは、人口に膾炙している。もう十分定着しているじゃないか。30分に図書委員が、座ろうぜ!とか座って本を読んでね~と声をかけ、35分には全員が座って読書を始める・・・担任の先生は、その様子を微笑ましく見守る。さて、「私も読もうか」とお気に入りの一冊に手をのばして栞(しおり)を挟んだページをあける。しばし生徒達と一緒に本の世界に入れば、至福のひと時が待つ。

 だが、実態はどうだ。廊下から教室を眺めると当初の緊張感は薄れ、クラスによっては先生が怖いからただ静かにしとこか。また、35分に飛び込んでくる生徒がいる。立ち歩いているクラスが時にある。図書委員会は大半のクラスが朝読をしているだけでは満足しない。そのために今日は、広報担当、行事担当、美化担当、カウンター担当が学年の垣根をかっぱらいはしないがとっぱらい、朝読の現状と課題を話し合ったのだった。全てのクラスが真の朝読へ!図書委員会においても真の朝読を定着させるためには、情報発信の充実が不可欠だ。図書委員会の野望は・・・・次回に続く。

Fulfilling of information transmission ~情報発信の充実~