家庭教育講演会1  家庭教育講演会2  家庭教育2

家庭教育講演会(写真1)

ぺアになって(写真2)

 HAPPY CARD((写真3)

 家庭教育講演会4期末テスト2日目!

 今日は期末テスト2日目です。九中生が目をランラン、鉛筆RUNRUNと走らせて社会(1年)や国語(3年)の問題を必死に解いていた頃、地域の大人の方も学んでおられました。九中校区保護司会 ・健全育成会・地域教育協議会主催の家庭教育講演会です。社会を明るくする運動のひとつとして10時から九中体育館でおこなわれていたのです(左写真)。

 TA 教育コンサルタンシーのあべ ともこ様におこしいただき、~子どもたちとのコミュニケーションに役立つ 関わり方を学ぶ~(写真1)をテーマに、ご講演いただきました。

 “社会を明るくする運動”の誕生 昭和24年7月1日に非行少年や犯罪者の立ち直りの支援と、犯罪の予防を目的とした犯罪者予防更生法が施行されました。これによって更生保護制度が新しくスタートしましたが、戦後の荒廃した社会の中にあって、街にあふれた子供たちの将来を危惧していた東京・銀座の商店街の有志が、この法律の趣旨に共鳴し、同年7月13日から1週間にわたって「犯罪者予防更生法実施記念フェアー(銀座フェアー)」を開催しました。この銀座フェアーは銀座を挙げての行事であり、軽音楽等の様々な催しが行われたほか、銀座の飲食店の従業員延べ2,000人が炎天下、保護少年のために二葉のバッジを売り,その売上げを更生保護のために寄附しました。この銀座フェアーが刺激となり、また、同フェアーと翌25年に開催された「矯正保護キャンペーン」を通じて、犯罪の防止と罪を犯した人たちの立ち直りには一般市民の理解と協力が不可欠であるとの認識が深まり、昭和26年、この活動を「社会を明るくする運動」と名付け、社会に広めることとしました。これが,“社会を明るくする運動”の始まりです。(法務省のHPより)

 HAPPY CARDを使って 会場はほぼ満員御礼であった。用意した約350の椅子が埋まる。校長先生の講師紹介の後、あべ先生がマイクを握られた。昨日までの暖かさはどこにいったのだろうか。体育館は肌寒いが、まずはウォーミングアップだ!心理学を基盤にしたTA ハッピーカードを紹介される。で、来場者に渡された紙袋のなかにそのハッピーカードが一枚入っていたのだ。隣の人とペアになる(写真2)。相手に自分のハッピーカードを手渡す。先生「お互いに3回声を出して、ゆっくり読んでくださーい。」 ハッピーカードには、こう書いてあった。

 ステージ1 ~あなたは我が家の大切な一員です。あなたのことがとても大切です。心からお世話します(写真3)。~3回も言われると、そうか、大切にされてるんだーとはすぐに思わない。隣の人は、家族でもないしあまり知らない人だもの・・・。だが、相手に何回も言われると落ち着く。心からお世話してもらえるんだ♪自分のことができないから私、ダメなんだぁというマイナスの考えが消えていく。心がぬくもってきた。中学生の年代はステージ6である。~大人のあなたを知ることは、私にとって楽しみです。私のあなたへの愛情は、失われることはありません。

 ステージは9まで。9は65才~「あなたは生涯、成長し続けることができます 。必要なサポートを受ける価値が、あなたにはあります 。」人生は喜びに満ちている。大人になっても学びは続く。

あなたは我が家の大切な一員です。