CUL1  コンビニエンスストア  郵便局

 注目!パンジーチェック(写真1)

注目!商品チェック(写真2)

注目!年賀はがきチェック (写真3)

花植 ~職業体験行ってきました~    

 2年生の職業体験学習は、緊張感もほどよくとれ、それぞれの職場になじんできたところで最終日です。明日もいきたい。と期待する声も漏れ聞こえてきましたが、だめです。明日からは学校で、地域と密接に結びついた職業の現場を肌で感じたことを、学校生活に生かして欲しいと思います。さて、今日の九中職業体験部は、PTA施設委員会と合同で秋の花植えをおこないました(左写真)。

 PTA花植え運動 九中では、職業体験&PTA施設委員会合同で、秋の花植をおこなう。生徒玄関前にはいくつものプランターがあるのだが、春に使った土は、夏にきれいなお花を咲かせ疲れている。栄養が必要だ。そこで、再生させなければだめだと先週、土壌再生をおこなった。今日は、復活した土にPTA施設委員会が中心となって、美しいお花、鮮やかなお花達を植えるのだった。そこに、九中職業体験部も7名が参加した。美濃岡先生と用務員さん、事務職員の方にもお手伝いいただいて9時半から作業開始、「土いじりは楽しい!」と笑顔で土をさわる職業体験部。途中から、ぎゃっ!とか、わー!とか笑顔が悲鳴に変わった。何事!芋虫や。「芋虫、最悪!」芋虫があちこちから現れたのだ。芋虫が育つのは健康な土の証拠!慣れてきたら、気にしない。気にしない。

 気にする人もいたが、花がプランターや花壇に植え変えられてゆく。今回は、パンジー、ビオラ、ノースポール、金魚草の4種類だ。ママレード色のスペシャルなパンジーや、花びらの立派なパンジー(写真1)も含め450個植え替えた。鮮やかなお花たちが晩秋に向かう九中生徒玄関前に並んだ。登下校をするみなさんの目を和ませてくれることだろう。

 コンビニエンスストア 担当者が入店する。お店の人にご挨拶すると「とても丁寧にやってくれてますヨ。」とおっしゃっていただいた。九中生を探す、いたっ。商品の在庫チェック(写真2)をおこなっていた。がんばっているんだなーと担当者は、胸をなでおろす。たまたま生徒の一人が小さい頃、よくお店に来ていたらしい。お店の方「彼は小学校の頃、よくうちの店に来てくれていて…、あまりの成長ぶりにびっくりしました。」九中生は地域の方に、見守られて育っているのだ・・・。 

 郵便局 担当者が郵便局の前に立つ、押すと自動ドアの扉が開いた。いらっしゃいませ!と言われるがもちろん年賀はがきを買いにきたのではない。郵便局で九中生2名がどんな働きをしているか楽しみに来たのだ。生徒を探す。いたっ。郵便局は郵便、貯金、保険の業務があるのだが、彼らは郵便の部署を任されていた。学校では、おとなしく真面目にがんばる2人だ。やはり、郵便局でも真面目だった。ダウンタウンの松本さんにも見てほしい姿である。接客業務もこなすが、今の季節はなんといっても年賀はがきだ。販売準備だ。九中生は、お年玉くじの番号順に並んだはがきの枚数を決まった数の束でまとめていく(写真3)。局長さんにお話を伺うと、2人のまじめな仕事ぶりを褒めていただいた。

 体験を終えて 貴重な体験をしたことで、九中生は職業観を深めたことでしょう。お店の人は、流れるような速さで、笑顔対応する。時に神対応される。九中生は、プロは違うことを実感したのではないでしょうか。初日は、ちょっぴり照れもあり表情も硬かったのですが、3日目ともなると順応する九中生、少しはプロの顔つきになってきました。学校の授業もこの表情で受ければ学力が深まるに違いありません。

事業所のみなさま、ありがとうございました。 第九中学校2年