CUL1  CUL2  土壌整備

 購買部 メニュー書き(写真1)

購買部 分別シート(写真2)

施設 土壌整備 (写真3)

 CUL 購買部~職業体験に行きます~    

 今日から2年生が職業体験学習を実施します。定番ですが「働く」とは人が動くこと。この3日間、文字通りもじもじせず九中を飛び出せ!青春をするため、千里中央を中心に北は箕面から西は少路、東は吹田市、南は岡町にかけて校区内外のあちらこちらで動いてくれます。東奔西走、南船北馬です。CULとは、働く人々と接したり、社会において働くことの大切さ、さまざまな仕事を通して社会の成り立ちを理解する大切な学習活動です。

 職業体験前日6限 事前学習 昨日の6限は、事前学習だった。開始前に、担当の先生ごとにグループ別に分かれるのだ。高木T担当のところは、九中周辺の事業所だった。集合場所・日時のグループ内での再確認、当日の連絡の確認、名札の配布、アンケートと職業体験実施中のプレートの入った封筒をリーダに渡す。日誌の書き方を確認する。生徒から『先生、明日事業所に言ったら何て言ったらいいの?』と質問がとぶ。(えっ、明日に迫って来た今頃)少し驚いた。が、これではいかんと思い全体にもう一度確認をする。他の生徒に尋ねた。「明日まず事業所に行ったら、何て言えばいいですか?」「第九中学校から参りました。○○です。今日から3日間よろしくお願いします。」GOOD!その通り!完璧!最初の挨拶がきちんと出来れば、受け入れ側も安心してくださるだろう。

 担当者「午前が終わったら、お昼の内に午前の活動内容を書き、1日が終わったらすぐ感想を書いておきましょう。後でお礼状を書くときに役に立ちます。また、一日を振り返っての項目〈①元気に挨拶・返事ができたか。②熱心に活動に取り組めたか etc〉確認をしてください。意識することが良い職業体験につながります。では、みなさん。頑張ってきて下さい。そして楽しんで来て下さい。」
 
 職業体験当日 購買部 九中購買部には2名が配属された。九中だからといって甘えは許されない。ここは職場である、しかも結構忙しい部所なのである。朝からパン申し込み票のチェックをし、パン屋さんから届いたパンやおにぎりの数があっているかどうかを検品する。日替わり商品のメニューを作成し(写真1)ケースを拭き、パンに値段を書いていく。

 キンコーンカーン、1時間目の休み時間になった。どっとお客さんがやってくる、行列ができる。もちろん九中生&先生だが。受付業務をこなす2年生。「先生買って!」道行く先生が足を止め、向こうの世界にいる2年生を見てパンを買っていった(写真左上)。接客に積極的な2年生だった。2年生は、売り上げアップに貢献した。お客さんが去るとともに、パン申し込み票を確認し、学年クラスごとにわけ、ホッチキスでとめる。パン箱に分別シートを入れる(写真2)。

・・・キンコーンカーン。11時前、世間では3限目の授業であるが購買部では、何とランチタイムとなる。澤田さん「4限目からお昼にかけては仕事の真っ最中になるので、3限目にいつも食べています。」そうなのだ。配属された2年生も、もちろん一緒にまかない(購買のパン・おにぎり)を食べた。フレックス昼食だ、ちょっと嬉しい。食べ終えたら4限は、パンの個人用の袋詰めが待つ。「おれ、めっちゃ頑張ったで」。 なお、事業所が休みの人は学校で作(サ)業が待つ。家(カ)業ではない。だが、学校の勉強はしない。社会の勉強をする。もちろん地理や歴史ではない。世の中の社会を勉強するのだ。最終日は用務員さんのお仕事を手伝い土壌整備をしてくれたPTA(写真3)の方と一緒に、花植えが待つ。 

今日から3日間よろしくお願いします。