組み体操エンジン 組み体操2  組体操15

3年男子組体操円陣(写真1)

3年男子組体操入場 (写真2)

3年男子組体操人間起こし(写真3)

ソーラン翌日 

組体操 第46回体育大会を飾るフィナーレの演技は「女子ソーラン」と「男子組体操」です。 女子のソーランですが、現在体育の授業でダンスが必修となっています。そこで、46期生は、E-girls 「High school love」のプリティなダンスを取り入れ、気持ちをひとつにし、ソーランを踊るのが、もうそれはそれは九中伝統行事となっています。

 次に組体操です。「安全性」を考えご意見も賛否両論ありますが、本校では、「練習で体力がつく。演技が成功した時の達成感は、何にも勝り、学年がまとまる効果もある。」ということで、安全に十分配慮し、体育の授業で組体操を実施しています。

  威風堂々 ソーラン 前日は、雨の中のソーラン。雨も見方を変えれば演出!味方のようなものと拍手喝采を浴びたが、もう一度見たいという声が多数寄せられた。で、翌日改めての再演となった。雨のソーランも良かったが、晴のソーランはまた格別。2回目の本番ともなれば威風堂々!全クラスが一つになり、きれいな花を咲かせた。津田T&石田T「緊張感は前日のほうがあったが、2回目のほうが笑顔でハツラツとした演技ができたと思います。練習の成果がでてました。」 

  信頼関係 組体操 トリを飾ったのは男子組体操である。前日の水入り後、いや終礼後、3年生は急遽体育館に召集がかかった。もういちど気合いを入れ直し、最終確認をおこなったのだ。本番!待たされた時間だけ集中した。「3年男子による組体操です。」のアナウンス、応援旗の前で円陣を組んだ(写真1)。入場(写真2)1,2,3の合図で人間起こし!後ろに倒れ込む。信頼関係がないとこの技はできない(写真3→写真左上)。会場が「おー」と沸いた。フィナーレは8段ピラミッド。「笑顔でいこうな」。生徒の声が保護者席まで届いた。緑Tシャツ隊(教員)がサポートにつく。8段目の生徒が両手を広げ止まった、成功だ。運動場に感動と愛を残し3年生がまたひとつ進化、有終の美を飾った。

笑顔でいこうな。 3-1男子生徒