決勝 綱引き  借り物

審判 スターター(写真1)

2年綱引き(写真2)

3年借り物競争(写真3)

第46回 体育大会決戦は木曜日    

1年団体 いなばの白兎 

  決戦は木曜日ですが、今日から明日にかけて、天気予報が不安です。午前中はなんとか持ちそうですが、途中から降りだす・・・外れてほしい予報ですがお天気だけはなんともなりません。だが、最近のお天気はきまぐれです。できるだけ、演技・競技の進行をスピーディに実施する予定です。雨が降らないことを信じて、午後から「わたしたち、頑張るぞ」と本番に向け準備を先ほど終えました。明日天気になぁれ。(1日実施の有無は明日7時に判断します。)

 予行&反省 注目。予行でスターター台が今年新調された(写真1)。スターターがこの上に乗りピストルを撃つ。もちろん本物ではないが、高い位置にあるので、スタートラインに立つ選手に優しいのだ。団体種目もすべておこなったのだが、結果は悲喜こもごも。1年いなばの白兎(写真上)では、すたすた行ったクラスもあれば、もたもたクラスもあった。ほかのクラスとの力の差がこれでわかった。修正は秘密。2年綱引きは、トーナメント(写真2)。綱を引っ張った。「ただいまの結果は3組と6組の勝利です。」「ただいまの結果は5組と1組の勝利です。」駆け引きなしだ。競技もガチだ。勝ちにこだわる。「予行の結果が、明日の結果と思うなよ。」「当日はプレッシャーもかかる。」(某クラス担任)

 3年は、借り物、借り人リレー(写真3)と去年も行なったこの学年の代名詞20人リレー。なんとクラスの半分がリレーでバトンを繋いでいく。男女ごちゃごちゃで行うため、他の競技と違い男子と女子が一緒に走ることもふつうにある。誰をどこに持って行くか、駆け引きも必要な競技だ。予行では、先頭とアンカーだけが走り、個の力で明日勝負する。

 ーチーム吉岡ジャパン(教職員リレーチーム)ー  ここ10年以上、生徒の後塵(こうじん)を拝してきた教職員リレーチーム。そろそろ本気で走ろう!めざせ優勝!ということで、昨年出場種目を変更しクラブ対抗リレーに出場し健闘したが優勝は逃した。そこで吉岡新監督率いるリレーチームは、勝てるチームを検討した。(遅すぎて?生徒の邪魔になってはいけないことも?)とレースに本気で臨む。若手に見当をつけ戦闘的なチームを組み、先頭でゴールするのだ。かかってこい!クラブの人達。

 保護者のみなさま 教職員は、ユニフォーム(緑のポロ 右写真)を着用していますので、何かございましたら気軽にお声かけください。

 みんなが主役