親子草刈り1  親子草刈り2  

今から親子草刈りです。(写真1)

親子草刈り中です。(写真2)

溝そうじもしました。(写真3)

親子草刈り4第46回 体育大会に向けて    

 この時期、九中周辺は、夏休み中に成長した雑草で生い茂っています。黒松、赤松は先週CUTしスッキリしましたが・・・まだすっきりしていない雑草がのびのびです。そこで、毎年、PTA施設委員会が中心となっていただいての親子草刈りを実施しています。今日15日13時40分に体育館前に集まっていただいたのは・・・約80名の保護者の方々でした(写真1)。

 プレ草刈り まず最初に保護者の方々がハンドコート付近に続々集合。朝夕めっきり涼しくなったが、過ぎゆく夏を忘れられない太陽、お昼には雲に隠れていたが健在であった。気温29度、ハンドコートを赤とんぼが横切った。秋の気配も感じる複雑なお天気だ。そんな中、親子草刈りが始まった。・・・約80名の保護者の方が、ひと足はやく担当場所で草抜きを始めてくださる。汗がにじむ。ふぅー。タオルでぬぐう。九中運動場はひろい!を実感していただく。

 草刈り本編 6限開始、朝礼台前に全校生が集合した。草刈り担当の先生が蜂に注意せよ、と檄をとばす。「蜂には注意しろ。特に足長蜂やスズメ蜂は要注意。もし、蜂をみつけても戦うな。熊手やスコップを持っているからといって振り回してはいけない。蜂は攻撃してくるものに向かってくる。落ち着いて逃げること。」こうして草刈りに生徒たちが参加した。1年生は通用門側の草むしり(写真2)。2年生は、女子テニスコート北側から、砂場までの落ち葉ひろいや小枝ひろう。3年生は、プールの裏からテニスコートの雑草を引き抜き、溝さらいをおまけにつけた(写真3)。一気呵成!約950名に増えた人員が、手強く伸びた雑草を、保護者が鎌で刈る。生徒が、力で引き抜く。竹ぼうきが踊る。葉っぱも舞う。溝も掘る。

 汗が流れでる。場所によっては先週の雨で水分を含み雑草が抜きやすいところもアリーナ。固い地面ものらりクラリーノ。雑草は手強い。トンボに目を奪われる。カマキリに邪魔される。蜘蛛に驚かされる。それでもあちらこちらで山になった草を、ゴミ袋につめる。ゴミ袋は正門横へ。集積場所では、用務員さんが待ち受ける。「ビニール袋の口は、閉じて。」みるみるうちにビニール袋の山ができあがっていく(写真左上)。ハンドコートに戻ってきた保護者「自分の子どもをちらっと見つけました。草刈りをやっていたので安心しました。家ではまったく掃除はしないけど・・・」「親子草刈りは、上の子の時とあわせ3回目です。こういう機会じゃないと学校にこないので、良かったです。」草刈り後、体育大会に向け運動場周辺もすっかりきれいになり、参加していただいた保護者の皆さま、本当にありがとうございました。 

 施設委員長「いい天候になり、絶好の草刈り日よりでした。短い時間でしたがすっきりしたと思います。溝掃除は、3年の男子が活躍してくれとても助かりました。参加された保護者からも、疲れたがきれいになってうれしい。楽しかったです、というお声をいただきました。」

 THANK YOU CUT   運動場