修学旅行  キャンプ  花植

白馬修学旅行から(写真1)

しまなみキャンプから(写真2)

オープンスクールから(写真3)

  プール清掃 期末テストを前に!

 九中生のみなさん、来週からいよいよ学年末テストですね。土日はしっかりと計画をたてて学習にとりくめば、おのずと道が開けてきます。学問はくりかえしてなんぼ!です。で、間違えた問題を解く場合には、※仏の顔も3度まで作戦はいかがでしょうか。1回目解説を読む。2回目また解く。3回目に覚えるです。試してみてださい。

 さて、6月もたくさんの取り組みが九中でおこなわれてきました。おおきな行事でいえば、キャンプや修学旅行、オープンスクールです。体育の授業ではプール開きもありました。そこで、6月に紹介したいなぁと思ってできなかった「この1枚」を紹介いたします。仏の顔も三度までとは、どんなに温厚な人でも、何度も無礼なことをすれば怒り出すことのたとえですが、ここではどんな無礼な問題でも3回考えて解けば、覚えるだろう のたとえに無理につかっています。

 修学旅行(といえば最終日) EXアドベンチャーの興奮が冷めやらぬ中、12時40分にバスは白馬を出発した。宿舎の方や添乗員さん、カメラマンの方がしっかと修学旅行を支えてくれた。だが、バスは渋滞に巻き込まれる。学校到着が遅れた。雨も降っている。修学旅行最終日、心配になられた保護者の方も多かったかもしれない。保護者の方あっての修学旅行、何人かの保護者の方が迎えに来てくれた(写真1)。修学旅行は、誰かの仕事で出来ている。

 キャンプ(といえばカッター研修) キャンプで一番力を入れていたのが、カッター研修だった。もちろん、櫂を持つ手にも力が入った。指導員さんは、「櫂(かい)をとられた みんなでたすけじゃろ。」と教えてくれた。優勝した2組4号艇には、金メダルが授与され高らかと空に掲げられる。なんだこの袋は?と油断させておいてこの中に金メダルが40枚入っていたのだ(写真2)。これも、競った他のクラス(艇)があったからこそ。キャンプは、誰かの仕事で出来ている。プール機械室

 夏の体育(といえばプール) 冬の間もプールの水はなくならない。非常用の防火水槽の役目を果たす。だが、1年間である。1年の間にプールの底は水草が繁茂し、ぬるぬると緑色になりとてもじゃないが泳げる状態ではない。そこで、プール開きを前に体育委員や体育の授業で一斉清掃をおこなったのである(写真左上)。また、機械室にある濾過装置のポンプも点検し、安全を確認する(左写真)。プールの授業は、誰かの仕事で出来ている。

 九中(といえば緑の多い学校) お花で癒やされる人は多い。オープンスクールの日にPTA施設委員会が中心となり九中生を応援しようということで、花壇に花植えをおこなってくださった(写真3)。事務の方、用務員さんにも手伝っていただいた。今、九中正門から生徒玄関までフラワーロードが花やいでいる。学校は、誰かの仕事でできている。

プールの授業は、誰かの仕事で出来ている。