全校朝礼1  表彰  全校朝礼3

風薫る5月 全校朝礼(写真1)

 全校朝礼 表彰(写真2)

生徒指導の先生のお話(写真3)

生徒会のお話 月の全校朝礼  

 5月の全校朝礼が今日13日に体育館でおこなわれました。風薫る九中体育館に九中生が集い、今日も元気ですか~とお話を聞きました。

 ①校長先生のお話・・風薫る五月、とても気持ちの良い季節になりましたね。ゴールデンウイークも終わって、初めてのテストも近づいてきました。準備は進んでいますか?そしてテストが終わればそれぞれの学年がいよいよ、校外学習やキャンプ、修学旅行へ向けて本格的に動き出します。学校外に出る行事となるとなおさら、私たちは九中生というくくりの中で行動していくことになります。皆さんは自分の行動が、九中生として見られていると意識したことがありますか?皆さん一人ひとりは、それぞれ全く違う中学生ですが、すべてをひとくくりにして九中生として見られていくということです。→続きはこちら 私たちの日常の行動は.pdf ]

  ②クラブ表彰(写真2)  ハンド部女子:豊能地区大会準優勝、卓球部女子:豊能地区大会準優勝、テニス部女子:豊能地区大会準優勝、千里新人ソフトテニス大会優勝、豊能地区2年生大会優勝、3位

陸上部記録会 (400M、800M、走り高跳等、個人表彰)→ 走り高跳び記録1m66cm(昨年の全国大会優勝と同記録) 

 ③ 生徒会執行部から  前期生徒会方針案が「自分たちの学校は、自分たちで作り、守り、築きあげていく」承認されました。これから夏に向けて節電、節水のご協力をよろしくお願いします(写真左上)。

  アルミ缶・エコキャップ回収:明日14日(木)、明後日15日(金)

ご家庭にあるミカンではなく、アルミ缶を!ひとつでも多く九中へ、よろしくお願いします。 

④生徒指導担当の先生のお話 「凡事徹底!」 

 生徒指導の先生は、社会科の先生だ。たたたたっと舞台に登場!持っていた垂れ幕を開く。これが裁判なら、「全面勝訴」とか「不当判決」とか書かれている。これは、何のためにしているのかというと重大な事件の裁判をマスコミは撮影することができない。そこで取材過程でマスコミが被告や原告にお願いして作っている。というわけで、垂れ幕を持つのは、刑事事件では被告側が多く国家賠償請求などの民事では原告側が持つことが多い。生徒指導の先生の垂れ幕には、「全面勝訴」でも「不当判決」でもなく「凡事徹底」と書かれていた。

「ちょっと頭をあげてくれるか。つかれた顔の人大丈夫か(昨日遅くまで勉強していたのだろうか・・・)ひとつ、いい数字を報告する。1年生、今日まで寝坊での遅刻が0である。素晴らしい。遅刻をしないのはあたり前のことだが、当たり前のことを当たり前に続けるのは結構難しい。テニスや野球部なら、毎日素振りを誰でもできる10回、サッカー部ならボールを毎日触る、毎日挨拶をする、掃除をさぼらず頑張る...など何でもいい。やろうと思えば、誰でも出来る簡単なことを持続してやり続ける力をつけていって欲しい。持続するのがしんどくなった時こそ、集団としての力が問われる。個人の頑張りには限界がくる。そんな時に、周りの声かけや手助けが必要になる。平凡なことを徹底してやり遂げる力(凡事徹底)を集団の中で培って欲しい(写真3)。」

凡事徹底   生徒指導担当者