体育委員会  体育委員会2  体育委員会3

体育委員会 説明(写真1)

体育委員会 学級ボール(写真2)

体育委員 地球と学級ボール(写真3)

体育委員会4 ~ お昼だ。運動場だ。ボール遊びだ。

  九中を動かすエンジンのひとつに専門委員会があります。専門とは、一つのことだけを押し通すという意味があります。食べることが好きな人は「食い気専門」阪神が好きな人は「阪神専門」きゅちゃんが好きな人は「きゅうちゃん専門」・・・というようにです。学校で言えば、皆が居心地よくクラスで暮らすため、限られた分野にもっぱら従事すること、それが専門委員会です。学校全体を円滑にする大切な生徒会機関なのです。その第1回専門委員会が、先週金曜日に開かれました。その中でも、九中生が待ち焦がれていたのが、体育委員会でした。

  ボール管理規定 委員長は、名実ともにクラス、学年の良きリーダーである。さまざまな活動に積極的に取り組む。体育委員は、名実ともに体育の授業のリーダーである。重要な役割を担う。昼休みの憩いに使われる学級ボールの管理も体育委員の仕事のひとつだ。学級ボール使用規定によると、学級ボールを各クラスに2個、貸し出す。1年生…緑色 2年生…青色 3年生…赤色 となっている。各学年色のボールを使用する。で、以下の約束を守ってケガや事故の無いように使用しよう。

 ①自分のクラスのボールを使う。上級生が、下級生のボールを勝手に使ってはいけない。 ②使って良い時間と場所は、昼休みにグランドだけ。(10分休憩の時や教室・廊下・下足室などで使ってはだめ)③昼休み終了の「予鈴」がなったら、すぐに職員室前のクラスボックスに戻す。5限目の授業に遅刻しないようにするためだ。 ④ボールを使った人が責任を持って、返却する。これが九中ルールである。体育委員はしっかりとボールを管理し、学年行事、クラス活動などで使用するときは、担当の先生の指示を守ることも忘れてはならない。

 体育委員会 全クラスの体育委員が3年1組に集結した(写真1)。担当の先生から体育委員とは・・・体育を引っ張る、体育大会で大活躍等の説明後、委員長や学年代表を決めた。体育委員の役割が黒板に書き出される(写真2)。早速仕事だぜ。まだ、クラスボールが各クラスに配備されていないので昼休みの九中廊下は、人混みでいっぱいである。運動場でボール遊びができないのも一因であろう。4月も半ばを過ぎストレスも、うず、うず、うず!瀬戸内海のうず潮状態なのである。

 そこで体育委員が登場する。クラスボールの準備をしなくちゃ、ということで各クラスにクラスボールが2個配られ、クラス番号をマジックで記入した。空気が入っていないボールには空気を注入する。そして、保健室前にあるクラスボックスにボールが2個配置された(写真2)。

 クラスボックスの上には、何故か地球儀が2つ置いてある。社会科の授業で使うのだが、体育委員会のボール置き場を社会科が借りているのだ。九中生がボールを借りに来た時にいつでも地球を見て欲しい。地球を身近に感じてよね、みなさんと社会科の配慮がここにあったのだ。2年生のボールが青である。地球は青い。くれぐれも間違えて、地球をけらないでください(写真3)。で、準備万端整え、クラスボールは昨日月曜日から運動場で活躍するはずだった。(残念ながら雨で使えなかったけど)で、まちに待った今日火曜日、昼休みの放送終了と同時に一斉に九中生が飛び出した。ボールが運動場のあちらこちらで活躍する。青いボール。赤いボールが運動場を飛びかう(写真左上)。あらっ、1年生は遠慮があるのか緑のボールは、まだなかった。体育委員さん、ありがとう。

地球は青い。2年生のボールも青い。社会科担当教諭