放送2  放送部  放送3

放送部 ON AIR前(写真1)

放送部 番組表(写真2)

放送部 ON AIR中(写真3)

放送4 ~ 九中生になって2

   九中の名物となったお昼の放送が先週から始まりました。ON AIR前は原稿やCDの確認に余念がありません(写真1)。今日月曜日は、クラシック名曲特集です(写真2)。放送部員もしっかり腕をあげました。落ち着いた声で、A「みなさん、こんにちは。放送部です。クラス替えして少したちましたがクラスになれましたか?1年生の皆さんは、新しいお友達ができましたか?」B「緊張しながらも楽しく過ごしてくださいね、では、早速曲を流します。」お昼の時間に放送部はかかせません(写真3)。

 放送室 2曲目は、お弁当を食べているので、ベートーベン!ではないが交響曲第5番「運命」がかかった。ベートーベンと言えば、この曲といっても過言ではないほどの代表曲だ!だだだだーん。だだだだーん♪だだだだ だだだだ だだだだー♪ どこまで続く冒頭部分の激しい「だ」の連続は運命がドアを叩く音だと言われ題名の由来にもなっている。

 A「3曲目は、ホルストの『ジュピター』です。イギリスの作曲家ホルストの作曲した代表的な管弦楽曲です。大きな3部構成であることが特徴的で、今から流す中間部の旋律は非常に有名です。みなさんも、一度は聞いたことがあるのでは、ないでしょうか。それでは、組曲惑星より『ジュピター』をどうぞ」・・・・

 教室 その頃、教室では、お弁当タイムである、いただきます(写真左上)。昼食を食べつつ、耳をすませば、音楽のある教室に驚く1年生!これから始まる九中1年生物語にだだだだーん。だだだだーん♪だだだだ だだだだ だだだだー♪である。教室は、クラシカルな雰囲気に包まれる。どんなクラスになるのか、どんな運命が待ち受けているのかまだ誰もしらない。2回目のお弁当は、まだまだ緊張の時間だが少し会話もでてきた・・・。 

中学生になって5日 ・・・1年生