始業式3  始業式2  始業式1

着任式「ようこそ九中へ」(写真1)

クラブ表彰(写真2)

体シュー緑のラインは1年生(写真3)

対面式 ~ 九中生そろい踏み ~ 

 4月8日(水)の朝。小雨模様のなか、正門をくぐった2年生は体育館横に3年生は生徒玄関前に小走りです。うわー新しいクラスが待っているから。クラス発表の張り紙を見て歓声をあげ九中の1日が始まりました。その後、体育館で着任式(写真1)と始業式をおこないました。

 表彰では、女子テニス部がYONEXCUPで3位、陸上部の西井選手が陸上競技記録会(走り高跳びの部)で優勝、163cmを跳び全日本ジュニアオリンピック出場を決めました。パチパチです(写真2)。対面式では、1年生と2,3年生が一期一会の出会いで全学年がそろい踏み(左写真)、上級生の皆さん、もし、困っている1年生がいたなら先輩として優しく声をかけてあげてください。・・・いい友、いい先輩です。

  始業式 校長先生のお話 おはようございます。春なのに、きょうは寒いですね。きょうのような春の寒さを『寒の戻り』といいます。きょうは3月初め頃の気温だそうです。・・・この1年『入学した1年生も新しい2年生も3年生も先生方も、みんなで、楽しく明るい、活気のある九中を作っていきたい』と切に思っています。特に『みんなで』というところが大切です。」→続きはこちらを後日クリック

 対面式 さて、九中生のみなさん。昨夜は眠れない夜を過ごし色々な思いが交錯した人も多いのではなかろうか。新2、3年生は、何組になるかな?担任の先生はだれだろう。友達はいるかな?1年生は初めて会う先輩たちは、優しいのか?怖いのか?ふつうの人なのか?(もちろんふつうの人です)興味津々で今日を迎えたのに違いない。始業式の始まりは緊張感から。1年生は、クラスごとに整列して渡り廊下を進む。入口の手前で上靴を脱ぐことを、まず教えてもらう。上靴を素早く脱ぐ。手には体育館シューズと上靴の2足を抱えたまま、前列に遅れまいと素早い行動をとる。まっさらな体育館シューズのひもをぐっと締める(写真3)と気持ちも引き締まる。

 新入生代表「私は不安な事や楽しみな事がたくさんあります。・・・4つの小学校から集まってきて、知っている人がほとんどいません。早くたくさんの友だちができるよう、クラス活動などに積極的に取り組んでたくさんの人とかかわりを持っていきたいです。次に楽しみな事はクラブ活動です。クラブ活動はほぼ毎日あると聞いています。また、何部に入るか決めてはいないけれど、何部にしろ先輩方を見習って勉強と両立しながらがんばっていきます。これから先、分からないことがたくさんあってご迷惑をかけるかもしれませんが、私たちも精一杯がんばりますのでご指導よろしくお願いします。」

 生徒会長「不安もあるかと思いますが、何かあれば私たちに聞いてください。新しい仲間や先生たちとの出会いを考え、それでは、これから九中生として一緒に頑張っていきましょう。」

 生徒指導担当の先生「・・・ひとつ学年があがる。えらそうになることではない。勘違いしていばりちらす先輩にならないでください。わからないことを後輩に教えてあげる、指導してあげる。あの先輩すごいなと言われる良き先輩になって欲しい。始業式にあたって皆にお願いがある。自分でこれなら出来るかなという簡単な目標をつくる。授業中に寝ない(むずかしいかも)弁当を残さない(嫌いなものがあっても)・・・。で、達成できたら自分を褒める。それが自信につながる。」

  靴ひもを 寒の戻りに 引き締める♪ ぴっかぴかの1年生