おくる会  おくる会2  おくる会3

1年 全員合唱(写真1)

2年 花さき山 (写真2)

3年 全員合唱(写真3)

     おくる会4 ~  送る会  ~  

 3月5日(木)。今日は、1年生2年生が3年生のために取り組んできた送る会です。ステージには、1年生からの「Now, to the next step」体育館両サイドには、「ウインドデコレーション」花さき山が咲き誇り会場を優しく包みこみました。 九中生のあたたかい笑いも咲きほこり、これから始まる3年生物語に拍手、拍手の送る会となりました。

  卒業おめでとう。オープニングを飾るのはトーンチャイムとハンドベル「見上げてごらん夜の星を♪」ダンスでは、みなさん、盛り上がっていきましょう!とおおいに盛り上がる体育館!続くは、吹奏楽部の皆さんでAIの「STORY」♪で和む。アンコールがかかり、バンプオブチキンが弾む。おめでとう!といえば恒例くす玉披露。どきどき。(詳細は後編で)

 続いて、送る会恒例の各クラブから先輩方への垂れ幕メッセージの出番がやってきた。ギャラリーの上を見る。太鼓の「ドドーン(写真左下)」でひとつずつオープンする。陸上部からだ。「千里の道も一歩から」(ドドーン)卓球「今日も挑戦しているか」園芸部「明日へ向かって」・・・。次にタペストリーが披露された。1年生だ。6m×3,6mの壮大なちぎり絵 タイトルは「Now, to the next step」。次の段階でも頑張って欲しい!公開された瞬間、体育館が輝いた。2年生も負けてはいない。3年生に対して感謝の気持ちを表すために作成してきた「ステンドグラス」を、今年は「ウインドデコレーション」作成という形に変え、3年生に感謝の気持ちを伝えることにした(写真2)。

 2年文化委員「人が優しいことをするときれいな花が咲く。優しい気持ちからうまれるきれいな花。それが、花咲く山に咲く花です。だれも見たことはないけど、すごくきれいな花だと思います。2年生はそんなきれいな花と、その花を咲かす優しい気持ちをウインドデコレーションにしました。」

 言葉にならない送る会の時間もあっという間に過ぎる。1年生全員合唱「Let's  search  for  tomorrow」(写真1)2年の合唱「時の旅人」3年からは、圧倒的な声量「青い鳥(写真3)」で清涼な風を1,2年生に贈ると場内が暗くなった。「45期生 言葉にならない」思い出ビデオが始まったのだ。池村T「みんな、どこかに必ず映っているから、見逃したらあかんで」わぁー!おー!やぁ!おれー・・・の成長がスクリーンに流れる。加藤T・池村Tコンビがおくる制作日数3ヶ月をかけた大作だった。・・・盛大な拍手で送る会は幕を閉じた。

 保護者の皆様へ 「45期生 言葉にならない」は卒業式終了後、保護者の皆様に上映いたしますので、是非、最前列でご覧下さい。※卒業式は、9:10分までに、ご着席くださいませ。

 卒業生へ 3年間の思い出は、45期生と先生が月日をかけて作り上げた歴史です。送る会での「青い鳥」は圧巻でした。合唱コンを含め、聴くのは10回目ですが、一段とギアをあげたのには驚きました。あと残すは予行と卒業式の後2回のみ!四十五期生の「青い鳥」まだギアあがるかな。皆の心に届く「青い鳥」よろしくお願いします。

 これぞ九中 ギアをあげたね 送る会 千里 九