3年合唱3  3年合唱2  3年合唱

声ひとつ心ひとつ(写真1)

 金賞 3年7組(写真2)

銀賞 3年6組(写真3)

青い鳥 羽ばたいた。青い鳥  

 1時15分の開演前には保護者の方で満員御礼、240用意した椅子で足らず、あわてて追加の椅子をだしました。まずは8組が、1番手のプレッシャーの中での合唱です。素晴らしい映画や演劇は、時を忘れると言いますが、3時間があっという間に過ぎていく3年合唱コンになることは、このとき誰が予想したでしょうか。

 いざ本番!! 最初は、全員による声出し「青い鳥」。ゾクッ、予想を裏切る圧倒的な声量に、先のことはわからんが、これはものすごい合唱コンになるだろうな、ということだけはわかる「青い鳥」だった。トップバッターのプレッシャーをはねのけて8組が見事に「いつまでも」を歌いきった。中間音域メゾピアノがきれいに歌えていた。ていねいに声がだせ、バランスも良い。2番手は1組「手紙」。何回も何回も練習したんだろうなと感じられる合唱だった。3組「COSMOS」とてもよく揃っている。音程もしっかりとれている。イの響きがきれい。2組は、「FIGHT」課題曲に比べてこの曲のほうが良い。柔らかい響きで、大人の声に近い合唱だった。5組「心の瞳」は、男女とも声がとても自然で良い、さわやかな歌声だった。4組「道標」聞いている人が優しい気持ちになれた。歌詞の気持ちを自分達の気持ちとして歌っていた。中学3年生の今しか歌えない良い合唱だった。7組「旅立ちの日に」7組は、全体として声の響きが揃っている。小学校でも歌ったと思うが、3年間の成長が認められる合唱だった。最後は、6組「あなたへ」は、3年生の合唱コンクールを締めくくるにふさわしく、完成度の高い合唱だった。若々しいさわやかさがあった。(参考 学校長講評)

 結果発表。各クラス声ひとつ、心ひとつにした合唱(写真1)後は、先生合唱オワリ始まり」だ。♪もうすぐ今日が終わる やり残したことはないかい♪・・・練習不足でいっぱいやり残したことがある、仕事も山積み・・・だったのは間違いない。生徒に比べ、上手くはないが気持ちは伝わったようだ。あったかい手拍子で生徒達は答えてくれた。

 審査の間、保護者の方々に生徒全員による「青い鳥」を披露する。生徒が舞台にひな壇だ。いち、に、さん・・・八段重ねのピラミッドは、もう圧巻だ(写真左上)。生徒が段をつくると同時に、保護者の方は、カメラを手に手に、最後尾へと下がる。圧倒的な迫力は、フレームにおさまらない。青い鳥の全員合唱に胸があつくなる。響く。天井いや天まで届く勢いの圧倒的な声量が体育館を包みこんだ。合唱後は、保護者のみなさんのおおきな拍手、拍手、拍手。もう、時計は4時を回っていた。審査発表。甲も乙も丙もつけがたい。丁も。だが、金賞には、松本先生感謝!チームワークの勝利!山椒は小粒でもぴりりと辛い7組が、銀賞には、明るく個性ゆたかだが個性を認め合うぞ杉山先生とその仲間達の6組が、銅賞には、同じ歌詞でも歌う人によって意味は違うのよ中澤先生ありがとうの3組が入った。  

金賞:7組(写真2)、銀賞:6組(写真3)、銅賞:3組 

 7組の保護者 「家では、ここにくるまでなんかまとまらへんとか、もめてるとか言ってましたけど、今日の合唱を聴いてびっくり。あまりにも上手だったので。どのクラスも素晴らしかったですね。」「もう、歌の始まりを聴いて優勝を確信しました(^0^)。うるうるです。男子の一生懸命さが特に印象的でした。」

「青い鳥」3年合唱コンクールに鳥肌がたった。九中体育館