3年合唱1  3年合唱2  3年合唱3

音楽室 こい♪(写真1)

 音楽室 なめらかに♪(写真2)

音楽室 やわらかく♪(写真3)

 青い鳥心まで届け。響け。  

 いよいよ明日は、3年生合唱コンクールです。今日音楽のある授業は最後の叱咤激励が、ないクラスは、終礼で練習をおこない心ひとつ、声をひとつにして明日に望みます。

 MAXはすぐそこまで 今日の音楽室は、パワー全開の中澤Tがいた。どのクラスにも100%以上の力を発揮して欲しい!鬼気迫るアシストがあった(左写真)。

 「一秒ごとに横顔見上げて♪歌詞の意味を考えて。言葉だけを追ったらあかんよ。意味をかみしめて。優しく。強くたくましく、ここは弱く。音がぶれそうになったら、おへそで声をささえなさい。みんなの歌を一人の声としてそろえなさい。309羽の幸せを願うのよ。真剣に指揮者に向かって笑う。指揮者は、ピエロになっていいの。笑って楽しむのよ。」合唱の声とともに、指揮者の指先は、みんなこい!(写真1)、なめらかに(写真2)やわらかくみんなをリードしていた(写真3)。MAXは、もうそこまで来ている。明日は、ハンカチがいるかも知れない。

 3年課題曲:「青い鳥」  自由曲発表順
 一番:8組 いつまでも    弐番:1組 手紙    参番:3組 COSMOS
  四番:2組 fight      五番:5組 心の瞳   六番:4組 道標
 七番:7組 旅立ちの日に  八番:6組 あなたへ

 最後までキラキラ輝け ~合唱コンクールで審査をする先生たちは、君たちの何を見てると思う?~

 いろんな細かいルールがあるし、歌がうまいとか、それらも大切なことなんだろうけど。結局、いちばん見られているのは、どのクラスがいちばん心をひとつにできているか、です。どれだけ感動がもらえるかどうかです。聴いてくださる人たちの心を打たなければ、音楽する意味がないと先生は思います。どんなに上手くても、心を打つものがなければ何も響いてこない。逆に一人だけにでも感動を与えることができたら、それは立派な音楽です。皆は自分達の最後の歌声で、誰に、何に、何を感動してもらいたいですか?例えば、ここまで育ててきてくれたご家族の方に、例えば、お世話になった先生方に。例えば、これまでの自分自身に、例えばいつもとなりにいてくれた友達に、例えば3年間過ごした校舎に。歌うことで、何かに何かを伝えようとしていますか・・・・?(学級通信 SUN SUN SUNより ) 

 <保護者の皆さまへ> 3年生にとっては最後の合唱コンクールを行います。お忙しいこととは存じますが、3年間の成長をぜひご覧いただきたく思います。どうぞ暖かくしてお越しください。お仕事等でお越しいただけなくても、ご安心ください。気持ちをご家庭に届ける予定です。(上履き、保護者プレートをご持参ください。カメラ、ビデオ撮影される場合は、周辺の座席の方に十分配慮していただくとともに、私的利用に限って撮影していただけますようお願いいたします。)

舞台は309羽のためにある。明日13:15分開演予定。九中体育館