3年合唱1  3年合唱2  3年合唱3

音楽室での練習(写真1)

 Rehearsalの目的(写真2)

廊下でパート練習(写真3)

3年合唱4 心に届け。響け。  

 いよいよ金曜は3年生合唱コンクールです。で、今日水曜日の5,6限は体育館でリハーサルをおこないました。リハーサルの様子・・・詳細は秘密です。パワフルあり。美しいハーモニーあり。胸に虹色ジーンのリハーサルだったことだけは確かです。

 MAXはまもなく 課題曲の「青い鳥」(左写真)・・・必ずあの日見た夢と めぐり逢えるから♪最後のハミングで、309羽のブルーバードが、旅立つ。もちろんNISSANではない。青い鳥が、自分達の未来に羽ばたこう!というメッセージを歌ったのが「青い鳥」である。309羽のリハーサルは、かなりハイレベルだった。リハーサルの目的は心ひとつ、声ひとつ(写真2)になることであるのだが、かなりMAXに近づいてきたようだ。先週から体育館での練習も始まり、廊下ではパート練習(写真3)もおこなっていた。伴奏者や指揮者は、自分の時間を惜しんで練習をしているのをみんなが知っている。

 3年学年通信75号より今、3年生のみんなが抱えているものは一人ひとり違います。けれど、歌うことで力を得られたり、仲間を支えられたり、そんな意味を持っているのがこの時期におこなう合唱コンクールです。そして、卒業に向けて、クラス、学年の最後の取り組みとして大きな意味が込められています。クラスみんなで歌える最後の時間。こうした行事は中学校が最後になる人もいるでしょう。自分のために、仲間のために、力いっぱい歌ってくださいね。」

 ハイレベルなリハーサル リハーサルで担任が涙するころ、まだ満足しない教諭がいた。音楽科担当中澤先生である。(耳をかっぽじてよく聞け!)とたぶん心で叫んでいた。合唱コンに向けて※情け容赦ある愛情アドバイスを各クラスに届ける。以下中澤語録抜粋 ※情け容赦 情けをかけて寛容にすること。思いやり。

・当日上手くいかせるために今日がある。今日失敗するのは、ありなんです。

・緊張しすぎ!ここは、教室で歌ってるのを思い出しなさい。

・どういうふうに歌いたいか、表現したいか。自分らで合唱をつくりなさい。最高の気持ちをお出し。

・顔がこわい。笑っちゃうのは、あかんけど笑顔が大事。指揮者が笑顔やったら、みんな笑顔になんねんで。

・退場する姿まで見られてんねんで。聴いてくれる人に感謝して。

・クラス紹介。マイクの高さぐらい自分で合わせんねんで、人に頼るな。回してしめる、覚え時や。

<保護者の皆さまへ> 3年生にとっては最後の合唱コンクールを行います。3年間の成長をぜひご覧いただきたく思います。どうぞ暖かくしてお越しください。・上履き、保護者プレートをご持参ください。・カメラ、ビデオ撮影される場合は、周辺の座席の方に十分配慮していただくとともに、私的利用に限って撮影していただけますようお願いいたします。

決戦は金曜日。2月27日13:15分 開演予定。九中体育館