2年合唱2  2年合唱1  2年合唱3

トップバッター(写真1)

プログラム表紙(写真2)

背筋が伸び、大きく口が開く(写真3)

2年合唱 時の旅人 クラスみんなで。  

 1時25分の開演前に降り出した粉雪。体育館の外は、厳寒です。しかし玄関を一歩入れば、約170名の保護者の方が、カメラやビデオを用意され、我が子、我がクラスの出番を楽しみに心は十分温まっていました。文化委員による開会の言葉と共にコンクールがスタートです。まずは7組が、1番手のプレッシャーの中での合唱です。

 いざ本番!! トップバッターのプレッシャーをはねのけて7組が見事に「輝くために」を歌いきった。おもいきって声が出ていて良い。荒削りだが、若々しい合唱、聞いている人が前向きになれるような素晴らしい合唱だった。2番手は6組「君と見た海」中音域がきれいだ。このクラスに合っている曲を選んでいる。課題曲は、優しい合唱、柔らかい声で音程もとれていた。2組「My Own Road~僕が創る明日~」とても丁寧に歌えていてよく揃っている。音程もとれている。もう少し迫力があれば、もっと良くなる合唱だった。1組は、「あなたに会えて」男声も女声もとてもソフトで、聞いている人が優しい気持ちになれた。あなたに会えて良かったと客席がうなずく。3組「マイバラード」は、このクラスの良いところがちゃんと出せる曲を選んでいた。素直な声がとても優しく安心して聞けた。4組「翔る川よ」4組は体格がいい。大人の声に近い合唱だ。息がよく揃い、男女とも良く声がでていてクラス全員で曲を作っていこうという気持ちが伝わってきた。最後は、5組「明日へ」は、声が、素直で中学2年生らしい合唱だった。締めくくりにふさわしく、自由曲は曲が進むにつれてよくなっていった。(参考 学校長講評)

 結果発表。各クラスの合唱後は、全員合唱時の旅人」だ(写真左上)。♪めぐる風 めぐる思いに乗って なつかしいあの日に会いにゆこう♪「時の旅人」は、約30年前にできた曲なのに、今でも新鮮に感じる。歌詞も曲も素晴らしいから、心に響くからこそ歌い継がれるのだろう。今では教科書にも載っている。プログラムの表紙(写真2)も素晴らしかったが、全体合唱も、圧巻!リハーサルよりも良くなっていた。なつかしい明日に会いに行こう♪だった。結果が気になりながらも、保護者が、学年の先生が、熱い視線をおくり応援する。2年生という学年は、声がでにくい学年なのだが、そんなことはなかった。来年の合唱が今から楽しみな合唱だった。合唱後は、保護者のみなさんのおおきな拍手、拍手、拍手。審査も九郞判官義経である。義経は、鎌倉幕府を開いた源頼朝の異母弟で、仮名は九郎といった。苦労の末結果がでた。公表だ。甲乙つけがたい。金賞には、ガツーン!と先頭打者ホームラン!トップバッターは優勝できないというジンクスを打ち破った7組と、わいわいガヤガヤ最強クラスなのに賞状が1枚もないから、なんとか金賞がぜひ欲しかったよの4組が、なんと同点で並んだ。甲乙つかない。こんなことがあるのか!あったのだ。今年から新調された黄金のトロフィーは一つしか用意していない。で、新品のトロフィーを急遽注文することになった。銀賞はなく、銅賞は5組だった。

金賞:7組(写真1)、4組(写真3)、銀賞:なし、銅賞:5組 

 閉会のあいさつ 文化委員 「スピーチと、○○の長さは短い方がいいと言いますが、長く話したい僕はどうしたらいいのでしょうか?今朝、母とけんかして心は土砂降りの雨でしたが、みなさんの合唱を聴いて、今晴れ晴れとしています。保護者の皆さま、今日はありがとうございました。来年も一生懸命歌いますので、ぜひ見に来てください。おしまい。」

季節はずれの寒さなのに、合唱コンクールは当たりだった。九中体育館