合唱  合唱2  合唱3

音楽室での練習(写真1)

 全員合唱のRehearsal(写真2)

舞台は整った(写真3)

 合唱コンクール心に届け。響け。  

 今週、火曜日5,6限に1年生合唱コンクールのリハーサルが体育館でおこなわれました。リハーサルの様子を見ていた生徒指導の先生、教頭先生も、おっ!これは本番が楽しみだな。1年生の美しいハーモニーにうっとりでした。ボリュームもあり、1年生でこれだけ声量があるのにはびっくりでした。普段の授業でしっかりと声がでているのでしょう。課題曲は「Let's Search For Tomorrow」(左写真)で、明るい未来を探しに行こうというメッセージを歌った曲です。今の1年生にぴったりの曲ではないでしょうか。

 本番までの道のり・・・この日のために3学期から音楽の授業等で本格的な練習を始めた(写真1)。時には、担任の先生の声があがる。「喝」だ。揚げるのは、カツだけではないのだ。「あっぱれ」もある。「!いいぞ!」「!良い声だ!」練習の裏では、文化委員の人たちの暗躍がある。ここは活躍だろ。めくりを作成し挨拶を考える。当日の進行を担当するのは、文化委員なのだ。合唱コンクールの発表順も決まった。以下のとおりある。

 1番:2組自由曲「Tomorrow」 2番:7組自由曲「この地球のどこかで」
 3番:4組自由曲「大切なもの」  4番:6組自由曲「HEIWAの鐘」
 5番:
1組自由曲「地球の詩」    6番:5組自由曲「Believe」 7番:3組自由曲「Refrain Regrets」

 全員合唱「Let's Search For Tomorrow」

 舞台は待つ・・・合唱コンクールのリハーサルである。本番が近づく中でのリハーサルは、どのくらい歌えているのかの参考にもなる。1年生の課題曲は「Let’s Search For Tomorrow♪」なのだが、この曲は「3年生を送る会」でも披露する予定なので気合いも入る(写真2)。自由曲と違い差がわかりやすい。ここはチームワークが大事だ。一方自由曲は、テンポの速い曲や、しっとり聞かせる曲など、色々な曲があり各クラスがどのように仕上げてくるのか、うふふなのである。某担任のつぶやき「聴くところによると、昨年の1年は、うちのクラスが歌う自由曲が優勝だったらしい。柳の下にどじょうは、2匹いる。歌う順番も1番だし、やった。えっ!1番に歌うクラスは優勝できないというジンクスもあるって?大丈夫。ジンクスは破るためにある。」

 自由曲を決めるにあたっては、重複し希望通りにならず、「なんで?」という声もあったが、1年生は後ろを振り向かない。決まった曲を、音楽の授業やクラスの練習の時間に一生懸命取り組んだ。この曲は、うちの曲だ!指揮者もピアノ演奏者も一つになっていく。リハーサルが終わった。あの組は手強い。打倒○組!絶対優勝するぞ。クラスの思いがひとつになる。『合唱』とは、みなの気持ちが一つになったところが強い。最後の調整に今、はいっている。金賞を獲得するのはどこのクラスだろう。さぁ、舞台は整った(写真3)決戦は、金曜日、明日。心に届け。響け。1年生の歌声を。

 保護者の皆さまへ 一生懸命練習しました。当日は子どもたちの頑張りをぜひ、ご覧ください。

(保護者プレートをお願いします。上履きをご持参ください。演奏中の入退場はご遠慮ください。)

 決戦は金曜日。123はい1月23日。13:25開演予定。

  九中体育館